電話番号:04-2928-0050

HOME >  Q&Aなど >  歯科雑学コラム >  第19回目:床矯正装置の特徴(1)

第19回目:床矯正装置の特徴(1)

*歯科雑学コラム目次に戻る

床矯正装置について

コラム19回目は床矯正装置についてです。
床矯正装置は矯正治療にとって欠かすことのできない装置ですが、その性質上、歯の移動様式に限界があり複雑な歯の移動ができません。本コラムではその辺りの理由を解説してみたいと思います。

歯の2つの移動形式

床矯正装置の限界をお話しする上で、どうしても理解して頂かないと先に進めないことがあります。
それが「歯の2つの移動様式」です。
一方を傾斜移動、もう一方を歯体移動といいます。なんで歯体移動なんて難しい言葉を使うのか解りませんが要は平行移動のことです。

傾斜移動
床矯正装置1|埼玉県所沢市 歯列矯正

歯体移動(平行移動)
床矯正装置2|埼玉県所沢市 歯列矯正

これが前歯の傾斜移動と歯体移動(平行移動)。次に大臼歯だと下図のようになります。

傾斜移動
床矯正装置3|埼玉県所沢市 歯列矯正

歯体移動(平行移動)
床矯正装置4|埼玉県所沢市 歯列矯正

図の赤い点は回転の中心です。歯の根が歯槽骨の中に位置する関係で歯の根の先端側に歯の回転中心があります。この回転中心を軸にした歯の動きを傾斜移動といい、回転中心ごと歯が横にずれるような動きの様式を歯体移動といいます。

続き~床矯正装置の特徴(2)へ

*歯科雑学コラム目次に戻る