電話番号:04-2928-0050

HOME >  Q&Aなど >  歯科雑学コラム >  保険適応の矯正(外科矯正)

保険適応の矯正(外科矯正)

*歯科雑学コラム目次に戻る

顎変形症、唇顎口蓋裂などの先天疾患に付随する不正咬合には健康保険が適用されます

一般的な症状に対する矯正治療は保険診療の対象になりませんが、(顎の離断を必要とする)顎変形症と厚生労働大臣が定める以下の疾患に付随する不正咬合の矯正治療は保険診療の対象となります。当院では以下の症状に対して健康保険の適用が可能です(指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)、歯科矯正診断施設基準・顎口腔機能診断施設基準適合施設)。

1・顎変形症(顎変形症と診断され、かつ顎離断等の手術を必要とするもの)

顎変形症と診断されても患者様が顎離断などの手術を望まず、矯正治療単独で治療を行う場合には保険診療の対象となりません。あくまで顎離断手術を行うことが前提にあって、その前後の矯正治療が保険診療の対象となるからです。

主な症状

顎が左右に歪んでいる、顎のしゃくれ、下顎が極端に小さい顔貌(鳥貌)、矯正治療単独では治療困難な重度の上顎前突症・下顎前突症 ・上下顎前突症・開咬症

顎離断手術とは

全身麻酔下において上顎骨あるいは下顎骨(上下顎骨両方のこともあります)を切断し、上顎骨と下顎骨の前後ないし左右的調和を図る手術です。通常1~2週間の入院を必要とします。
(当院は顎離断手術前後の矯正治療を担当します。顎離断手術、手術前後の入院加療は連携する口腔外科や形成外科を専門とする医師、歯科医師が担当し、顎離断手術も連携する医療機関にて施術されます。連携医療機関の例:防衛医科大学校病院の歯科口腔外科、昭和大学歯学部附属歯科病院の口腔外科など)

顎変形症の治療の流れ
手術前矯正(当院)⇒顎離断手術および入院中、入院前後の加療(連携医療機関の口腔外科など)⇒手術後矯正(当院)

2・厚生労働大臣が定める以下の疾患に付随する歯列不正

唇顎口蓋裂、ゴールデンハー症候群、鎖骨・頭蓋骨異形成、クルーゾン症候群 、トリーチャーコリンズ症候群、ピエールロバン症候群、ダウン症候群、ラッセルシルバー症候群、ターナー症候群、ベックウィズ・ヴィードマン症候群、尖頭合指症、ロンベルグ症候群、先天性ミオパチー、顔面半側肥大症、エリス・ヴァン・クレベルド症候群、軟骨形成不全症、外胚葉異形成症、神経繊維腫症(レックリングハウゼン症)、基底細胞母斑症候群、ヌーナン症候群、マルファン症候群、プラダーウィリー症候群、顔面裂、筋ジストロフィー、大理石病、色素失調症、口ー顔ー指症候群、メービウス症候群、カブキ症候群、クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群、ウイリアムズ症候群、ビンダー症候群、スティックラー症候群、小舌症、頭蓋骨癒合症、骨形成不全症、口笛顔貌症候群、ルビンスタインーティビ症候群、常染色体欠失症候群、ラーセン症候群、濃化異骨症、6歯以上の非症候性部分性無歯症、チャージ症候群、マーシャル症候群、下垂体性小人症、ポリエックス症候群(クラインフェルター症候群)、リング18症候群

健康保険の適応となる症状は上記の通りですが、実際に健康保険が適用される症状を有する患者様は矯正治療を希望される患者様のごく一部であることをご了承ください(おそらく全体の1%未満だと思われます)
ご自身の症状に健康保健の適用がなされるか否かについては実際に診察する必要がございますのでお問い合わせください

*歯科雑学コラム目次に戻る