電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  ご質問とお答え >  保定装置(リテーナー)についてのご質問

保定装置(リテーナー)についてのご質問

患者様からのご質問
保定装置についてお尋ねしたいことがあります。歯列矯正について調べると、まず、ブラケットなどの矯正装置で歯を動かし、その後、保定装置(リテーナーというのでしょうか)で歯を固定させるということを知りました。このリテーナーにはいくつかタイプがあるそうですが、①そちらの医院ではどのようなものを扱われているのでしょうか?②リテーナーには別途料金がかかりますか?

当院からのお返事

アクイユ矯正歯科クリニックの能村と申します。
リテーナーの件ですが、どんなリテーナーでも扱っているといいますか、歯科医院では歯型を取るだけで、それを歯科技工所に送ってリテーナーを作成するだけですからもし患者様にご希望があればご希望に沿ったリテーナーを作成することは可能です。
特にご希望が無ければ唇側矯正装置で治療した患者様には床タイプのリテーナー、舌側矯正装置やインビザラインで治療した患者様にはマウスピースタイプのリテーナーを使用することが多いです。理由は見えない矯正装置で治療した患者様に床タイプのリテーナー(針金が見えます)は使い難いからです。
当院ではリテーナーの費用は基本料金の中に含まれています。
ご不明な点がございましたらご連絡くださいませ。

*この文章は実際に患者様からメールで頂いたご質問に対する当院のお返事を中心に記載しております。そのため、患者様からの質問内容については年齢、性別、文章の特徴等、Q&A形式で考えて問題ない範囲でデフォルメして記載しております。また、内容的にも理解が得られやすいよう私の方で適宜追加して記載しておりますのでご了承ください。

保定装置の種類について

保定装置にも様々な種類がありますが、それぞれの保定装置に長所短所がありますからどの保定装置が優れているとういような問題ではありません。また、歯科医院によって主に使用する保定装置の種類が異なることは普通だと思います。保定装置の性能にさほどの差がないとすればあとは先生の考え方だったり、継続性(今までその装置で上手くいってきたから不満を感じていない)などの問題ではないかと思います。 あくまで個人的にはワイヤーを外した後はガチガチに固定するよりは比較的ルーズな床タイプの保定装置が好みではありますが、インビザラインや舌側矯正装置で治療した患者様には審美的観点からマウスピースタイプの保定装置を使用することが多いです。 また、歯の裏側を細いワイヤーで固定する場合もあります。ただ、虫歯になりやすいので使用頻度は低いですが、かといって保定装置としての性能が劣っているというわけではありません。むしろ取り外しができないので患者様の協力度に左右されないという大きなメリットがあります。