電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  取扱い医薬品 >  ビオフェルミンR(耐性乳酸菌整腸剤)

ビオフェルミンR(耐性乳酸菌整腸剤)

ビオフェルミンR錠

ビオフェルミンについては説明するまでもないと思いますが、乳酸菌です。 なぜ歯科で乳酸菌を処方するのかといいますと、歯科疾患の多くは疼痛を伴う感染症であり、また小規模とはいえ外科処置も多く行われます。このため消炎鎮痛剤に加えて抗生物質を処方することがとても多いのです。予防的に抗生物質を処方することに関しては賛否両論あるようですが医学的に白黒はっきりするまでは予防的な抗生物質処方も行われることと思います。 抗生物質は本来、感染症を惹起する原因菌にだけ作用させたいのですが実際には常在の腸内細菌さえ死滅させてしまいます。このため腸内細菌のバランスが崩れ下痢などの消化器障害が副作用として現れるのです。 そこでビオフェルミンなどの乳酸菌を摂取することで消化器障害を防ごうというのが歯科で乳酸菌を処方する理由です。 市販されているビオフェルミンSも平常時には効果がありますが、抗生物質に対して耐性を持っていません。つまり抗生物質+ビオフェルミンSではビオフェルミンSの乳酸菌は死んでしまうのです。 ビオフェルミンRに含有されている乳酸菌はほとんどの抗生物質に対して耐性があるため、抗生物質服用時にはこちらのほうが効果があるというわけです。

用法

1日3回毎食後に服用してください 。空腹時の胃のPHは1前後です。このPHだと特殊なカプセルに包まれていない、あるいは元来胃酸に強い乳酸菌でなければ死滅してしまいます。ビオフェルミン錠に含有されている乳酸菌は胃酸い強い訳ではないので空腹時に服用しても胃酸によって死滅してしまいます。ところが、食後の胃はPHが4~5まで上昇します。このPHですとビオフェルミン錠の乳酸菌は生きたまま腸に届きます。ですから、ビオフェルミンは必ず食後に服用してください。

効能

胃腸の調子を整えるお薬です

 

副作用等

抗生物質は健常者の胃腸に存在する常在細菌にも殺菌効果を示し、結果として下痢などの胃腸障害が発現することがあります。 ビオフェルミンRは抗生物質に耐性を示す乳酸菌を含有し、腸内細菌叢のバランスを整えることで抗生物質服用中の副作用である胃腸障害の発現率を抑えます(完全に抑制できるものではありません)。 抗生物質の効果に影響は及ぼしません。このお薬による副作用もまずありません。