電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  院内設備 >  殺菌キャビネット

殺菌キャビネット

殺菌キャビネットは滅菌済の治療器具を保管する棚のことです。ドアを閉めると紫外線ランプが点灯して庫内を殺菌します。もっともこれで殺菌するという用途で使用するものではなく、オートクレーブなどで滅菌したものを保管するためのキャビネットです。
当院の場合、滅菌してから患者様に使用するまでの時間は短くて当日、長くても3日程度ですからその間の保管庫ということになります。
殺菌灯による殺菌効果については以下のページが詳しいです
殺菌灯の殺菌効果

これによると、細菌の核酸に紫外線が作用するることで核酸に化学変化を引き起こし、増殖能力を失うとのこと。その効果は時間にして太陽光の60倍。ほとんどの細菌が90秒以内に死滅するという、俄には信じがたいことが書いてありますが事実なのでしょう。
そう考えるとスリッパラックというのも案外効果がありそうです。当院にも殺菌灯を備えたスリッパラックはあるのですが率直にいってあまり効果のほどをあまり信じていなかった。滅菌はともかく、殺菌、消毒、抗菌あたりは似たり寄ったりでないよりはマシ、という認識でしたから(滅菌、殺菌の違い)。1兆個の細菌が90%死滅して1000億個になっても嬉しくもなんともない、そんな風に考えていたのですが少し考え方を改めました。
殺菌キャビネットはとても殺風景なデザインの物が多いです。というより、メーカー側も主にバックオフィスでの使用を前提にしているのだと思います。下の写真は当院の消毒コーナーで使用している殺菌キャビネットです。

殺菌キャビネット

そういうわけで、できれば患者様の目に触れるところには置きたくないのですが、配置的には患者様の診療台近くの方がスタッフの動線を考えると理想的です。

幸い、ここのメーカー(京王デザイン)のキャビネットはそれなりなデザインで良かったと思っています。

殺菌キャビネット|埼玉県所沢市|アクイユ矯正歯科クリニック

殺菌キャビネット1-2|埼玉県所沢市|アクイユ矯正歯科クリニック

院内設備21:石膏トリマー