電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  院内設備 >  ライフサイズコンバーター2~続き~

ライフサイズコンバーター2~続き~

EOS KISS F +ライフサイズコンバーター

まさか2ページに渡り書くことなど想像だにしていなかったのですが、最近はどうもブログっぽい書き方になってきたので中身が薄っぺらな割りに文章が長くなっています。 ライフサイズコンバーターを装着すると上の写真のようになります。ちなみにカメラ本体はEOS KISS F。以前書いたようにEOS KISS Fは軽くておもちゃみたいなので余計にレンズの重みを感じます。EOS40Dに比べてカメラ本体が軽すぎるので重心が前方に移動するのです。カメラ小僧並みの望遠レンズを抱えているくらいの気分です。きっとボディーとレンズバランス的には似たようなものなのではないでしょうか。構えると前のめりになりそうでとても不安定な感じがします。 これがどのくらい接写できるか?というのを実験するためにまずは被写体を選んでみました 。

IXY DIGITAL10

CANON IXY DIGITAL10です。そう、ウチはどんだけCANON好きなんだ!ってくらいキャノン製品ばかりなのです。プリンターがクリニックに3台、家に1台、ビデオカメラ1台、プロジェクター1台、全部キャノン。ついでにアンチウイルスソフトまでキャノンのESET NOD。所有するパソコン4台全部ESET NOD。キャノンがアンチウイルスソフト作ってるなんて知らない人が多いんじゃないか、っていうくらいなのにキャノン。ちなみにキャノンは正確にはキヤノンと表記します。どーでもいいか。 なぜキャノンばかりかというと、特別キャノンに思い入れがあるわけではなくて、実は偶然。たまたま最初に買ったのがキャノンのカメラだったから。後は何を買うにしてもキャノンにしておけば、故障したときに面倒くさくないと思ったからです。カメラ本体がキャノンで、ストロボがニコン、プリンターがエプソンとかなると一体何が原因で色味が良くないのかの原因が分かり難いと思ったのと、全部キャノンなら、キャノンの人に来てもらって「川上から川下までお宅の製品だからどうにかして」と丸投げできるから。そういうわけで最初は偶然ですが、その後は必然というかとても戦略的な選択なのです。

50mmマクロ画像

50mmマクロ+ライフサイズコンバーター画像

左が50mmマクロレンズで目一杯拡大して撮影したもの。右がライフサイズコンバーターを挟んで目一杯拡大して撮影したものです。

院内設備33:パワーディスペンサー