電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  院内設備 >  電動注射器(アネジェクト)

電動注射器(アネジェクト)

電動注射器|埼玉県所沢市|アクイユ矯正歯科クリニック

当院は歯列矯正を専門に治療しているクリニックなのであまり麻酔を使用する機会はありませんが、矯正用のインプラントを埋入する際などに麻酔をすることがあります。
手動の麻酔器も当然使いますし、むしろ手動のほうが微妙な手の感覚を通じて色々な情報がわかるので使いやすいともいえるのですが骨面に麻酔をするときには結構な力が必要なので電気注射器を使用しています。
この注射器は電動で一定量の麻酔薬を注入できることと、術者の手の僅かな振動が患者様に伝わらないので患者様の不安感を和らげることができます。
また、麻酔中、音楽が流れるように設定することもできるのですがこれは微妙な機能だと思いました。一度経験した患者様にはその音楽が麻酔のスタート合図になってしまうかもしれないので・・・・。
電動注射器は特に口蓋正中部に浸潤麻酔をする際に有用だと感じています。頬側に浸潤麻酔をする場合にはほとんど使用することはありません。頬側は可動粘膜域が広いのでほとんど力を入れる必要がないからです。ところが口蓋正中部は角化歯肉で可動粘膜はありません。このため手動の麻酔器を使うとそれなりに力を加える必要があるので電動麻酔器を使用します。
アネジェクトはNISHIKA(日本歯科薬品株式会社)の製品です。この会社はどちらかというと一般歯科医院向けの医薬品を扱っている会社です。矯正治療向けの材料の扱いは無いので当院にあるNISHIKA製品はこれだけになります。
このアネジェクト、使って初めて気が付いたのですが麻酔薬が装填されているカートリッジの残量が見えない。正確に言うと最初の1/3位が金属の筒に隠れて見えないんですね。口蓋に植立する場合にはどのみち1/3以上の量を使用することになるのでいいのですが、やはり製品としてはどうなのか、改善されているものなのか?と思って調べてみたところ後継機種としてアネジェクトⅡという商品が発売されているようです。

アネジェクト 所沢 アクイユ矯正歯科

形態のコンパクト化もさることながら少々読みにくいかもしれませんが「注入量をリアルタイムに確認することができます」と書いてあります。おそらく新設された液晶表示部にカートリッジ内の麻酔液量を表示していると思われます。

院内設備7:カルチメイト