電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  院内設備 >  マイクロエッチブロー

マイクロエッチブロー

マイクロエッチブローは株式会社モリムラの製品です。マイクロエッチブローがセラミックの研削に使用されることからてっきり森村グループ(ノリタケ、TOTO、日本ガイシ、日本特殊陶業などを有するグループ企業)の一員なのかと思っていたら全く関係ないようです。社長が森村さんというところからの社名らしい。
クラウンなどの歯科補綴物の表面にミクロの傷を付けるための道具です。矯正用のブラケットを金属やポーセレンの表面に接着すると、天然歯よりも接着強度が落ちます。このために金属用の前処置剤やポーセレン用の前処置剤などを利用しますがそれでも天然歯ほどの接着強度は得られません。
その際にこのマイクロエッチブローで補綴物表面を荒くして接着強度を増します。原理は高圧ガスで50μのアルミナ粉を補綴物表面に吹き付けます。一般的にはサンドブラストといいます。

技工室で使用する据え置き型の大型タイプのものが多いのですが、これは口腔内でも使用できるハンディータイプのものです。舌側矯正装置を装着する際には歯の接着面にもサンドブラスト処理を行うことでより強固な接着が期待できるようになります。

アルミ缶の中のガスはHFC-134a。フロンガスの1種だそうで「今どき使っていいの?」と思ったのですが「フロン排出抑制法の指定製品対象外」と記載されいました。そうはいっても環境影響度の高いガスであることは間違いないですから慎重に使用しなければなりませんね。

さて、このマイクロエッチブローを使用する際に問題になるのがその使用時間の短さ。缶そのものが小さいこともあって気化熱によってあっという間に缶が冷たくなる、と同時に最初は強圧で吹き出ていたガスの勢いがどんどん失われていくのです。そういうわけでスプレー缶は2本、ないし3本の同時使用となります。1本目がダメになったら2本目に交換して2本目を使用している間に1本目を温める(室内に放置するだけですが)といった具合です。

マイクロエッチブロー|埼玉県所沢市|アクイユ矯正歯科クリニック

院内設備9:シェードアップナビ