電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム > 歯列矯正治療 > 歯列矯正治療例 > その他治療例目次 > Case3

上顎前突治療例(唇側矯正装置+インプラント矯正)

その他治療例目次に戻る

成人の上顎前突(唇側矯正装置+インプラント矯正、抜歯)

上顎前突|所沢市、川越市
初診時正面

インプラント矯正|所沢市、川越市
初診時上顎

上顎前突|所沢市、川越市
初診時左側面

インプラント矯正|所沢市、川越市
初診時下顎

初診時口腔内写真です。上顎の中切歯に翼状捻転が認められます。また、下顎にも叢生が認められます。スペースの不足量は上顎5mm、下顎10mm。

上顎左右の第一小臼歯と下顎左右の第二小臼歯を抜歯(合計4本)し、さらに、効果的に上顎前歯の後退をはかるため上顎臼歯部に固定源のための矯正用ミニインプラントを埋入することにしました。

本症例では第二小臼歯と第一大臼歯間に植立しましたが、他にも第一大臼歯と第二大臼歯間というのも多い選択肢です。第二小臼歯と第一大臼歯間に植立するメリットは安全性が高いことが挙げられます。歯根間距離が広いことが多いので術者としては安心して施術できます。もっともケースバイケースで第一大臼歯と第二大臼歯の間の方が歯根間距離が大きいこともあります。ただ、角化歯肉領域に関しては第一大臼歯と第二大臼歯間のほうが広いことが多く悩ましいところではあります。

植立の成功率が同程度なら第一大臼歯と第二大臼歯間に植立したほうが臨床的にはやや有利です。これはインプラントの問題ではなくて、なるべく牽引する位置からインプラントは遠い方がなにかと都合が良いことが多いことに起因します。本当に技術的なことで患者様向けに説明するのがととても困難なので申し訳ございませんが詳細は触れません。

そうはいっても第二小臼歯間と第一大臼歯間に植立することが多いと思います。当院では8割がそうです。第一大臼歯と第二大臼歯の間に植立するのは第二小臼歯と第一小臼歯間に角化歯肉が少ないか、第一大臼歯と第二大臼歯間の頬側歯槽骨が発達していて明らかに当該部位に植立する方が有利な場合です。

矯正歯科|所沢市、川越市
治療開始12ヵ月後正面

カラーゴム|所沢市、川越市
治療開始12ヵ月後上顎

矯正歯科|所沢市、川越市
治療開始12ヵ月後左側面

カラーモジュール|所沢市、川越市
治療開始12ヵ月後下顎

治療開始12ヶ月後の口腔内写真。下顎の叢生はほぼなくなっています。インプラントを固定源として上顎前歯部を後方に牽引しているところです。カラーモジュールを使用しています。本症例では青、黄、緑ですが、赤、金、銀、紫など20色程度あります。ご希望の患者様はお申し付けください(無料です)。

歯列矯正|所沢市、川越市
終了時正面

インプラント矯正|所沢市、川越市
終了時上顎

矯正歯科|所沢市、川越市
終了時左側面

インプラント矯正|所沢市、川越市
終了時下顎

治療期間は18ヵ月でした。唇側矯正装置に矯正用ミニインプラントを併用することで前歯の効率的な後退と治療期間の短縮が達成されました。

NEXT→CASE2叢生1(唇側矯正装置、非抜歯)

その他治療例目次に戻る

アクイユ矯正歯科へのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。