電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム > 歯列矯正治療 > 歯列矯正治療例 > その他治療例目次 > Case41

叢生の治療例21

その他治療例目次に戻る

叢生治療例21(抜歯、唇側矯正)

症状・治療方針・治療
前歯の叢生(でこぼこ)を気にして来院されました。上顎左右側中切歯が典型的な翼状捻転を呈しています。
叢生の程度から判断すると抜歯、非抜歯のボーダーラインケースですが、口唇の突出感が認められたため患者様の意向を加味して上下顎左右側の第一小臼歯を抜歯して治療を行うことにしました。
(抜歯するか非抜歯で治療を行うかの判定は、叢生の量が4mm以下は非抜歯、5mm〜9mmはボーダーライン、10mm以上は抜歯というのが一つの目安になります。これに側貌を加味して総合的に判定します。)
上顎大臼歯が前方に移動することを防止するためにTPA(トランスパラタルアーチ、治療中写真の口蓋を横切る太い針金のことです)を加強固定装置として使用しました。ブラケットは上顎がジルコニア製、下顎は上顎前歯の咬耗を避けるためにコンポジットレジン製のブラケットを使用しています。

治療期間
唇側矯正装置による治療期間:1年11か月でした。



NEXT→CASE40小児矯正1(上顎左右側第一大臼歯をアップライトした小児矯正症例)


その他治療例目次に戻る

アクイユ矯正歯科へのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。