電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム > 歯列矯正治療 > 歯列矯正治療例 > その他治療例目次 > Case43

インビザラインによる叢生の治療例(叢生22)

その他治療例目次に戻る

叢生治療例22(非抜歯、インビザライン)

症状・治療方針・治療
初診時年齢:40歳
性別:女性
症状・治療方針
上下顎前歯に軽度の叢生を認めた。
本症例のように上下顎の前後的関係が正常で、抜歯を必要としない程度の叢生の場合、矯正装置の選択肢は多い。唇側矯正装置舌側矯正装置インビザラインなどが選択肢に挙がる。患者様が見える装置に抵抗感を感じていたことからインビザラインを選択した。
治療器具:インビザライン(マウスピースタイプの矯正装置)
治療経過
1・アライナーは15個。インビザラインは2週間に1個ずつ新しいアライナーに交換するので治療予定期間は7.5か月であった。
2・当初のアライナーを全て使用した時点で再診断を行った。
*下顎右側中切歯、側切歯間に僅かに空隙が残存している
*下顎前歯に僅かに叢生が残存している
*上顎右側側切歯と下顎右側側切歯が強く咬合し過ぎている
以上の理由からケースリファイメントを行うこととした
3・ケースリファイメントのアライナーは5個であった。
4・1回目のケースリファイメントを終えた時点で再診断を行い、さらなる微調整のために2回目のケースリファイメントを行うこととした。
5・2回目のケースリファイメントのアライナー数は6個であった。
治療期間:2年0か月

コメント
インビザラインの治療は装置製作のための待ち時間があるので治療期間は唇側矯正装置や舌側矯正装置と比べると長くなりがちです。



NEXT→CASE42上顎前突9(上顎左右側第一小臼歯抜歯、唇側矯正装置、顎間ゴム)

その他治療例目次に戻る

 

アクイユ矯正歯科へのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。