電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム > 医院案内 > クリニックについて > より早い治療のために

より早い治療のために

より早く矯正治療を終了させるための取り組み

日々矯正歯科診療に携わっておりますが、少しだけ気分が高揚する瞬間があります。それは予定よりも早く矯正装置を撤去できたときです。もちろん患者様に喜んで頂けていることが表情からも読み取れて、私たちも素直に嬉しいというのが最大の理由ですが、クリニックの総合力が向上したことを認識できるからです。

治療期間の短縮は(医師・スタッフの技術向上)+(あらゆる時間的ロスの排除)+(効率的な通院間隔)+(効率的な矯正装置の選択)+(患者様の協力)が複合的に作用して初めて達成されます。つまり、クリニックの総合力が反映されるのです。このため一朝一夕に成し遂げられるものではありませんが、あらゆる無駄を省き、1日でも早く矯正治療を終了させることが私の目標です。

当院では1日でも早く矯正装置を外し患者様に明るい笑顔で過ごして頂くために、治療の質を維持しながら治療期間の短縮を図るための様々な取り組みを行なっています。

インプラント矯正治療

矯正用インプラントを使用することで治療期間の短縮が図れる場合には矯正用インプラントの適応を提案します。矯正用インプラントが治療期間短縮に寄与する役割はとても大きく、理論的には最大で6ヶ月程度の治療期間短縮効果が見込めます。

また、当院は矯正歯科専門医院ですが、矯正用インプラント埋入手術は院内で行ないます。これも、治療期間短縮化のためです。(治療期間短縮効果は症状によります。効果が無い、あるいはさほどの差が無い場合にはあえて提案しません)

参考:インプラント矯正

技工作業待機ロスの短期化

例えば、以前は舌側矯正の装置装着までに1カ月程お待ちいただいていました。これは技工所から舌側矯正に必要な技工作業に1ヶ月の時間を要求されていたからですが、技工所の協力により最短1週間で技工作業を完了し、早期に治療を開始できるようになりました。


セットアップモデル


完成した舌側矯正用コア

虫歯治療に関わる待機ロスの短期化

通常、矯正治療中の虫歯治療は(矯正歯科で虫歯治療に妨げになる部位の矯正装置の撤去)⇒(一般歯科で虫歯治療)⇒(矯正歯科で装置の再装着)という手順を踏みます。ただし、これだとどうしても3回通院することになり、特に多忙な成人の患者様においては予約の関係で1ヶ月以上かかってしまうこともあります。

当院は一般歯科がビル1階に併設されていますので、上記過程をわずか1回の通院で行なえます。
(かかりつけの歯科医院がある場合、依頼状をお渡しします。いつも治療していただいている先生のほうが患者様の口腔内をより正確に把握しているからです)

通常は、矯正歯科医院と一般歯科医院の行き来が大変

アクイユ矯正歯科クリニックは一般歯科医院が併設されているため、通院が短縮できる

使用装置の工夫

最近ではセルフライゲーション型のリンガルブラケットを使用することで治療時間の大幅な短縮化を図りました

弾力的な通院間隔

矯正治療は通常月に1回の通院です。これは生体反応に基づく治療サイクルなのでむやみに通院サイクルを短くしてもよい治療結果を得ることはできません。
とはいっても治療のStepによっては3週間、場合によっては2週間サイクルにすることで治療期間の短縮化が図れる時期があります。通院間隔を画一的に捉えるのではなく、弾力的に変化させることでトータルの治療期間短縮化を図ります。

 

NEXT初診相談から治療終了まではこんなふうに進みます