電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム>サイトマップ>1歳女児の受け口についてのご質問

一歳女児の受け口についてのご質問


患者様からのご質問
1歳の女児の受け口についての質問です。乳歯が上の歯4本、下の歯4本(共に前歯)生えておりますが受け口です。祖父が受け口のため遺伝してしまったようです。何としても治してあげたいと考えております。
インターネットでは3歳からムーシールドという矯正装置で治療が可能であるとありますが、今すぐにでも治療できるものはあるのでしょうか?
近くの歯科医院に相談に行きましたが、その際に上の歯が前に出るよう、一日10回程引っ張ってみてくださいと説明を受け、毎日欠かさず続けておりますが、このほかにできる治療はありますか?
どのような治療でも受けて治してあげたいと考えております。
お忙しいところ大変恐縮ではございますがご教示くださいますようよろしくお願いいたします。

当院からのお返事

アクイユ矯正歯科クリニックの能村と申します。メールを拝読いたしました。
ムーシールドですが、さすがに1歳ですと装置を外してしまうので難しいです。1歳のお子様を対象にした矯正装置というものもありませんし、受け口の治療は3歳くらいからでも十分間に合いますから慌てる必要はありません。
また、上の歯を引っ張る方法についてもお子様が嫌がっているようなら無理にする必要もないように思います。矯正治療は持続的な力を働かせることが大切で、1日8時間は力を作用させないと歯の移動は起こらない(作用させない16時間の間に元に戻ってしまいます)ので、非常に軽微な受け口といいますか、上の歯と下の歯が重なって、受け口になるか正常になるか紙一重というような状況であればあるいは受け口が治ることもあるかもしれませんが一般的な方法とは言い難いです。
治療は
1・3歳くらいになったら検査をして骨格的な受け口なのか、歯の傾きによる受け口なのかを見極めます。
2・骨格的な要因の強い受け口であれば治療を検討しますし、歯の傾きによる受け口であれば永久歯の萌出に伴い自然治癒する可能性もあるので経過を観察します
という手順になります。
いずれにしてもあまり小さい時から無利失理矯正をするというのは精神衛生上与えるデメリットのほうが大きくなりますから、お子様の様子を見ながら徐々に慣れていってもらうという方法をとります。
他にご質問がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

*この文章は実際に患者様からメールで頂いたご質問に対する当院のお返事を中心に記載しております。そのため、患者様からの質問内容については年齢、性別、文章の特徴等、Q&A形式で考えて問題ない範囲でデフォルメして記載しております。また、内容的にも理解が得られやすいよう私の方で適宜追加して記載しておりますのでご了承ください。

1歳児の受け口について

1歳ではまずどんな矯正装置であれ使えないですよね。受け口の治療は骨格的なケースでも3歳くらいからと考えていいと思います。3歳でも半分くらいのお子様は歯型を取ることができずに治療を開始することができません。歯型を取れない理由ですか?「泣いたり」「口を開けてくれなかったり」等の理由です。最初から無理やりやっても仕方がないので半年おきにやってみたりします。そんなこんなで6歳くらいでしょうか?ほぼ全員のお子様の治療を開始できるのは。


アクイユ矯正歯科クリニックへのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。

ページトップへ戻る