電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム>サイトマップ>埋伏犬歯についてのご質問

埋伏犬歯についてのご質問


患者様からのご質問

犬歯が中1になったいまでも乳歯のままだったので歯科受診してレントゲン撮影をしてもらったところ犬歯の永久歯が前歯の中央うえにあり、二本のうち一本は前歯の歯根まで進んできてました。
前歯のぐらつきはいまはありません。口腔外科を年明けたら受診予定ですが気がきじゃありません。どんな治療法が考えられますか??

当院からのお返事

アクイユ矯正歯科クリニックの能村と申します。
**様の犬歯のように歯茎に埋もれている歯のことを「埋伏歯(まいふくし)」といいます。
埋伏する頻度が高いのは親しらず(第三大臼歯)ですが、上顎犬歯についても3%程度の発症率があります。
ご質問に「前歯のぐらつきは今はありません」とありますからおそらく、レントゲン撮影をおこなった歯科医院にて、埋伏犬歯による上顎前歯の歯根吸収を指摘された状況だと推測します。
実際の治療は、埋伏犬歯の状態(牽引可能な状況なのか否か)、上顎前歯の歯根の吸収の進行度、歯並びの状態(でこぼこの程度)など様々な要因が絡んでくるため考えられうる全ての可能性を列挙することは難しいですが、いくつか代表的な例を挙げてみたいと思います。

1・上顎歯列に犬歯を配列するスペースがある場合
この場合は歯肉を切開して矯正装置を埋伏犬歯に装着して本来あるべき場所に埋伏犬歯を牽引してくる、ということが考えられます

2・上顎歯列に犬歯を配列するスペースがない場合
この場合には埋伏犬歯を抜歯してしまうことも考えられますし、前歯の歯根の吸収が大きく進んでいるような状況ならばその前歯を抜歯して、抜歯部位に埋伏犬歯を牽引してくるということも考えられます。また、矯正治療を行う場合に選択される抜歯部位で最も頻度が高いのは第一小臼歯(前から数えて4番目の歯)です。埋伏犬歯が浅い位置にあって、前歯の歯根吸収があまり進行していなければ上顎左右の第一小臼歯を抜歯して埋伏犬歯をその位置に牽引する、ということも考えられます。

代表的にはこれくらいでしょうか。症状によって非常に多くの治療法の選択肢が考えられるためこれ以上列挙することは難しいです。
口腔外科を受診されるとのことですが、その際も矯正治療によって埋伏犬歯を牽引できる可能性があることは記憶に留めておかれると良いと思います。いずれにしてもきちんと処置を行えば前歯がなくなってしまうなどということにはなりませんからその点は安心していいと思いますよ。

当院のお返事に対する患者様からの追加のご質問

早々のご返信本当に感謝します。
メールを読ませていただきました。埋伏犬歯。初めて聞いた言葉でした。このなかでもう少し質問を追加させてくだい。
牽引とは矯正器具をつけてしばらく生活するということでしょうか。一回の手術で済むものなのではないですよね?
子供は今、部活でバレーボールをしています。運動制限なども出てくるのでしょうか??
お忙しい時期に申し訳ありません。お時間がある時にでもご返信くださるとたすかります。

当院からの追加のお返事

アクイユ矯正歯科クリニックの能村です。
牽引は埋伏犬歯の位置にもよりますが6か月から1年半程度の期間を必要とすることが多いです。
牽引中の運動制限は特にありませんが、手術後数日間は激しい運動は控える必要があるでしょう。これは他の歯の抜歯でも同じことです。
ご不明な点がございましたらご連絡ください

*このページは実際に患者様からメールで頂いたご質問に対する当院のお返事を中心に記載しております。そのため、患者様からの質問内容については年齢、性別、文章の特徴等、Q&A形式で考えて問題ない範囲でデフォルメして記載しております。また、内容的にも理解が得られやすいよう私の方で適宜解説を追加して記載しておりますのでご了承ください。

埋伏犬歯の牽引について

以下に埋伏犬歯の実際の治療例と小児期における埋伏歯について取り上げておりますのでご参考ください。

埋伏犬歯を牽引した治療例

小児期の埋伏歯について

 

アクイユ矯正歯科クリニックへのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。

ページトップへ戻る