電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム>サイトマップ>ガミースマイルについてのご質問

ガミースマイルについてのご質問


患者様からのご質問
こんにちは。**代ですが、ガミースマイルと、以前他院で矯正しており、その後戻りが気になり矯正を考えております。そこで、疑問があり問合わせをさせて頂きました。
*上前歯の部分矯正と、ガミースマイルのインプラント矯正はあわせて出来ますか?
*上記が可能な場合、通常の矯正よりも短い期間の治療で終了しますか?
*上下正中が合っていないのですが、その場合、上下共に矯正をしなくてはならないのでしょうか?
*分割での支払いは可能とのことですが、それは審査などはしなくても、可能ですか?
検査など、実際見て頂かないとお答えにくい点もあるかもしれませんが、わかる範囲でご回答頂けると助かります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

当院からのお返事

>上前歯の部分矯正と、ガミースマイルのインプラント矯正はあわせて出来ますか?
可能なこともありますが、症状次第ですので診察していない状況ではできるとも、できないとも言えません。ご了承ください。
>上記が可能な場合、通常の矯正よりも短い期間の治療で終了しますか?
矯正用マイクロインプラント(アンカースクリューともいいます)を使用してガミースマイルを治療することと、使用しないでガミースマイルを治療することは治療結果が異なります。治療のゴールが別の場所にあるので治療期間の比較はあまり意味がないように感じますが、矯正用マイクロインプラント(正確には歯科矯正用アンカースクリューといいます)を使用した場合のガミースマイルの改善はかなり早く治療が進行します。経験上、数か月、長くとも6か月もすればかなり顕著に改善します。
>上下正中が合っていないのですが、その場合、上下共に矯正をしなくてはならないのでしょうか?
歯列の正中は顔の正中を基準に考えますので、上顎の正中のずれが原因であれば上顎を動かしますし、下顎の正中のずれが原因であれば下顎を動かします。
>分割での支払いは可能とのことですが、それは審査などはしなくても、可能ですか?
院内での分割払いですので特に審査などは行っておりません。
簡単ではございますがご質問に対するお返事とさせていただきます。ご不明な点がございましたらご連絡ください。

*このページは実際に患者様からメールで頂いたご質問に対する当院のお返事を中心に記載しております。そのため、患者様からの質問内容については年齢、性別、文章の特徴等、Q&A形式で考えて問題ない範囲でデフォルメして記載しております。また、内容的にも理解が得られやすいよう私の方で適宜解説を追加・改変して記載しておりますので実際の遣り取りとは異なることがございますのでご了承ください。

ガミースマイルの矯正治療について

ガミースマイルは機能的な要因を含む問題です。笑ったときに歯茎が平均以上に見えるのがガミースマイルですから、笑ったときの上口唇の位置によって大きく左右されます。
そのため美容外科のアプローチとしては上口唇内側の粘膜を上顎前歯上方の粘膜と縫い合わせることで、物理的に笑ったときの口唇が拳上しないようにしているようです。
美容外科のアプローチの是非はともかく、矯正歯科ではそのようなアプローチはできませんので口唇などの軟組織ではなく、歯を代表とした硬組織からアプローチします。
(考えたことも無かったですが、全て口腔内の処置で済むなら口腔外科でも先の美容外科的アプローチは可能なのかもしれません。そのような施術したという話を聞いたことがありませんが、昨今、歯科医院でのヒアルロン酸による「しわ取り(ほうれい線等)」が時折ニュースで取り上げられています。
http://garden.accueil.ne.jp/2014/08/httpheadlinesyahoocojphla20140.html
後述する問題はありますが、やるかやらないかは別として口腔外科でも処置は可能かもしれません)

以前から口腔外科と耳鼻咽喉科、形成外科あたりの境界はあやふやといいますか、例えば「唾液腺」というのがあります。名前の通り「唾液」を分泌する体の組織です。では、この唾液腺に悪性腫瘍ができたとして、それは歯科医師の担当する口腔外科の領域に含まれるのか??ということです。もう少し分かりやすい例でいうと舌癌はどこの診療科が担当するのか??ということ。

*当然のことながら医師は口腔外科も担当することができます。医師が法律上できないのは「歯を削る」ことだけです。抜歯もできます。さらに言えば、歯科医師としてはなんとも納得がいかないのですが、歯科医師が抜歯をするよりも医師が抜歯をした方が保険点数が高いのです。抜歯に手慣れた歯科医師よりも、医師の抜歯の方が高く評価されるのって現状の健康保険制度はどうかしてる、、と思うのは私だけでしょうか。医師が抜歯する機会はおそらく癌等の手術の際に「歯が邪魔だから」というタイミングくらいしかないと思うんですけどね。

保険点数の話はともかく、私は口腔外科を専門としていないのでよく分かりませんけど、唾液腺の腫瘍や舌癌、このあたりはやっぱり歯科医師ではなく全身管理に長けた医師が担当すべきなのかなとも思います。
一方で、一般的に医師は硬組織(歯や骨)を“切ったり貼ったり”するのに慣れていないのと、本質的に硬組織を扱うことは「面倒」だと感じている人が多いですから、腫瘍が硬組織にまで浸潤している場合には寧ろ歯科医師の方が慣れている担当医に当たる可能性は高いのかも、、、と思ったりもします。(医師が硬組織を扱うことを嫌うのは医師の責任ではありません。骨を鋸で1cm削るのと、皮膚をメスで1cm切開するのと似たような診療報酬なら普通は皮膚を切開する方を選択しますよね。簡単ですから。そういうことですので医師にはなんら責任はありませんのであしからず。)

だいぶ話が逸れてしまいましたが、ガミースマイル。インプラント矯正でかなり改善できるようになりました。詳しくは以下のページをご覧ください。

http://www.accueil.ne.jp/html/medical/variation-implant.htm

 

アクイユ矯正歯科クリニックへのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。

ページトップへ戻る