電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム>サイトマップ>歯科矯正用プライヤー

歯科矯正用プライヤー

ライトワイヤープライヤー

矯正を学ぶ歯科医師が一番最初に手にするのがこのライトワイヤープライヤーです。矯正治療には様々な種類のワイヤーが使用されますが、その中で主にマルチブラケット装置(唇側矯正装置や舌側矯正装置)に使用されるワイヤーを屈曲する際に使用します。ループを屈曲したり、トルクを組み込んだり、ほぼ全ての屈曲(ワイヤーベンディング)をこのワイヤーでおこないます。
なお、保定装置などに使用される0.9mm線などは形はほとんど同じですが、プライヤーの先端が変形しないように太めに作られておりこれはバードビークプライヤーといって区別しています。
ワイヤーをカットできるカッター付のものとカッター無しのタイプがあります。大学病院勤務時はカッター付のものが多かったので、当初はそれに慣れていたのですが、いつの頃からかライトワイヤープライヤーのカッターを使うことがほとんどなくなったため今ではほぼすべてのライトワイヤープライヤーをカッター無しタイプで揃えています。
メーカーによって先端の細さに若干の差があって、細いほうがより細かくワイヤーを曲げることができるのですがその分耐久性には劣りますから悩ましいところです。
唇側矯正装置にせよ舌側矯正装置にせよ、以前はスタンダードエッジワイズといってインセット・オフセット(歯の厚みの補正)、アンギュレーション(歯の近遠心的傾きの補正)、トルク(歯の頬舌的傾きの補正)をワイヤーの屈曲で行っていたのですが、最近はストレートエッジワイズという、インセット・オフセット、アンギュレーション、トルクがブラケットに組み込まれたブラケットが主流になっているので以前に比べると使用頻度は減りましたがそれでも非常に重要なプライヤーであることに変わりはありません。

エンドカッター(セーフティーカットタイプ)

エンドカッターは一番奥の歯に付けたブラケットの後方部分でワイヤーをカットするためのプライヤーです。大きく分けるとセーフティーカットとフラッシュカットタイプの2種類があります。セーフティーカットタイプは切ったワイヤーをプライヤーで把持できるようになっていますが、構造上僅かに切り残しの部分が生じてしまいます。フラッシュカットタイプはキッチリ切れますが、切ったワイヤーを把持できないため注意が必要です。
通常はセーフティーカットタイプを使用し、必要がある場合にのみフラッシュカットタイプを使用します。

エンドカッター(フラッシュカットタイプ)

こちらがフラッシュカットタイプのエンドカッター。見た目はほとんど変わりません。よくよく見れば違うのですが、区別が付きにくいので青色のバンドでマーキングしています。
それにしてもエンドカッターというのはメーカーによって切れ味が全然違います。一般的なニッケルチタンやステンレススチールのワイヤーの切れ味はさほど差がありませんが、舌側矯正で頻繁に使用するベータチタン(TMAとかCNAとかメーカーによって呼び方が違う)ワイヤーだとハッキリ差が出ます。切れないのは全く切れない。不思議なことに価格に比例しません。15000円程度のものがスパッと切れたかと思うと40000円もするエンドカッターが全く切れなかったりします。

ピンカッター

ピンカッターはパワーチェーンやリガチャーワイヤー、小林フックを切るためのプライヤーです。ライトワイヤープライヤー、ピンカッター、エンドカッター、ユー ティリティープライヤー、ホウプライヤーあたりが最も使用頻度の高いプライヤーですがその内の一つです。
刃物だけにどうしても傷むのが早く砥ぎに出すのですが、それでも2,3回砥ぎに出すと先端が丸まってきて使えなくなってしまいます。
もう少し傷まない素材はないものでしょうか。

 

院内設備39:アーチターレット


アクイユ矯正歯科へのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。

ページトップへ戻る