電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム>歯列矯正治療>矯正装置の種類>その他の矯正装置>セパレーター(歯間分離)

セパレーター(主にバンド装着の前準備に使用します)

その他の矯正装置へ

セパレーターの種類と目的

セパレーターは矯正歯科では主にバンド装着の際の歯間分離の器具として用いられます。左写真がセパレーターの種類で一番上の金色の真鍮線でできたもの、真ん中の青い輪ゴム、一番下の銀色のワイヤー(ステンレススチール)で作られたものなどがあります。いずれも左写真の青い丸で囲んだバンドという矯正装置を装着するため、歯と歯の間に僅かな隙間を作る目的で使用されます。

真鍮線のセパレーター
長所は脱落しにくいことです。次回来院日が一か月先になる場合には選択肢に入ってくると思います。短所は装着時に痛みを伴うことがあることです。

輪ゴム(エラスティック)のセパレーター
もっとも一般的なセパレーターです。色は透明、青、グレーなどがありますが性能の差はありません。装着時の痛みが少ないのが長所といえます。短所は脱落しやすいことで次回予約が10日以内である場合に適しています。

ワイヤーのセパレーター
個人的には上記2種のセパレーターの装着が困難なときに使用することが多いです。やや大きいので対合歯と干渉しやすいとうのがその理由です。


通常、装着から数日〜10日程でバンド装着に必要な隙間が開きます。患者様からすると、歯が動くことを経験する初めての機会でもあり、それなりの疼痛は感じるようです。ただ、ずっと続くわけではなく、装着の翌日に最も痛みを感じますが、その後は次第に痛みは収まってきます。
また、セパレーターは歯と歯の隙間が十分に開くと外れることがあります。外れた日から次回診療日までの日数が4,5日程度であれば再び隙間が閉じきってしますことはまず無いのですが、10日以上間隔がある場合にはできれば次回診療日を待たずに受診したほうが良いでしょう。

NEXTタングクリブ

その他の矯正装置へ

アクイユ矯正歯科へのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。