電話番号:04-2928-0050

HOME >  矯正装置の種類 >  その他の矯正装置 >  ポーター(バイヘリクス、クワドヘリクス)

ポーター(バイヘリクス、クワドヘリクス)

その他の矯正装置へ戻る

ポーター(バイヘリクス、クワドヘリクス)の外観

ポーター
ポーター

クワドヘリックス
クワドヘリクス

ポーター、バイヘリクス、クワドヘリクス、厳密には違いますがほとんど同じようなものです。左の写真では画面左の赤く囲った部分にヘルカルループ(簡単に言うとクルッと曲げた部分です)がありますが、これが2つになればバイヘリクス、4つになればクワドヘリクスです。

ポーター(バイヘリクス、クワドヘリクス)の適応

ポーターは上顎あるいは下顎の歯列弓の幅の調節に用いられます。適応年齢は特にありません。 拡大床と適応が共通する こともありますが、マルチブラケット装置と併用できる・特定の歯だけを移動することが可能なことから拡大床に比べて永久歯列期に使用されることが多い装置です。

ポーター(バイヘリクス、クワドヘリクス)の作用

ポーター 非アクチベート

ポーター拡大アクチベート

ポーター縮小アクチベート

ポーターは左図のような拡大形式になります。 この図では左右の第一大臼歯に装置が装着されていますが、他の歯に装着することももちろん可能です。 拡大床と比べるとよりターゲットを絞った部位の拡大・縮小が可能です。

ポーター(バイヘリクス、クワドヘリクス)治療の実際

ポーターを使用した治療例を示します。本治療例ではポーターを上顎第二大臼歯間幅径の縮小を目的として使用しました。

ポーター治療前咬合面
治療前咬合面

ポーター治療前左側面
治療前左側面

治療前の咬合面観と左側面観です。咬合面観から第二大臼歯が頬側に大きく傾斜していることがわかります。左側面観からは上顎第二大臼歯が下顎第二大臼歯に覆いかぶさっている状況が見て取れます。このような咬合状態を「ハサミ状咬合」といいます。 *写真はありませんが右側の第二大臼歯も同じくハサミ状咬合でした。 上顎左右側の第二大臼歯を舌側に移動させるためにポーターを使用することにしました。唇側矯正装置とポーターの併用例です。移動の妨げとなることから術前に上顎左右側の第三大臼歯(親不知)は抜歯しました。

ポーター治療前期咬合面
治療中咬合面(前期)

ポーター治療前期左側面
治療中左側面(前期)

治療前期の口腔内写真です。親知らずの抜歯が終了しポーターと唇側矯正装置が装着されています。ハサミ状咬合は下顎の歯を乗り越えるような歯の移動が必要になるために一旦、咬み合せを拳上するとスムーズに歯が移動します。このために上顎の小臼歯から大臼歯にかけてコンポジットレジンを盛っています。咬合面観から白いプラスチックが見えるでしょうか。このために左側面観では「開咬」状態になっています。ただ、これは人為的にあえて開咬にしているのであって、本当に開咬になってしまったわけではありません。ハサミ状咬合を改善するための一時的な処置です。

ポーター治療後期咬合面
治療中咬合面(後期)

ポーター治療後期左側面
治療中左側面(後記)

治療後期の口腔内写真です。治療前期に比べて上顎左右第二大臼歯間の幅径が狭まっています。下顎には歯列幅径を拡大するために0.9mmのゴムメタルワイヤーを装着しています。治療前期の左側面と比べるとかなり太いワイヤーが装着されているのが確認できます。

ポーター治療後咬合面
治療後咬合面

ポーター治療後左側面
治療後左側面

治療後の口腔内写真です。治療後期に比べてさらに上顎第二大臼歯間幅径が狭まるとともに、左側面観からハサミ状咬合が改善したことがわかります。

上記症例の治療はポーターを用いたはさみ状咬合の治療例をご覧ください。

NEXTホールディングアーチ

その他の矯正装置へ戻る