電話番号:04-2928-0050

HOME >  矯正装置の種類 >  その他の矯正装置 >  ホールディングアーチ:抜歯症例において大臼歯を固定する目的で使用します

ホールディングアーチ:抜歯症例において大臼歯を固定する目的で使用します

その他の矯正装置へ戻る

ホールディングアーチの外観

所沢 矯正歯科

ホールディングアーチ、あるいは発案者の名前を冠してナンスのホールディングアーチと呼びます。 左右の第一大臼歯に装着されているバンドと、上顎口蓋部のレジンパッドが主要な構成要素です。

ホールディングアーチの適応

ホールディングアーチは主に抜歯症例において上顎大臼歯が手前に動くのを防ぐ目的で使用される矯正装置です。他に、混合歯列期に大臼歯の位置を固定する目的でも使用されます。

ホールディングアーチの作用

所沢 矯正歯科

ホールディングアーチの最も代表的な使用方法を例に挙げて説明すると、上の図のようになります。 第一小臼歯を抜歯して治療する場合、前歯と奥歯を引っ張り合いますが、これは綱引きにようなものですから奥歯にも手前に動く力が作用します。

治療計画が奥歯が手前に動いても構わないケースならいいのですが、奥歯が手前に来るのは困るという治療計画の場合にはホールディングアーチなどを用いて奥歯が手前に動かないように固定する必要があるのです。

NEXT床矯正装置(拡大床1)

その他の矯正装置へ戻る