電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  成人の叢生(前歯のでこぼこ)治療例1

成人の叢生(前歯のでこぼこ)治療例1

その他治療例目次に戻る

成人の叢生(唇側矯正装置、非抜歯)

矯正歯科|所沢市、狭山市
初診時正面

歯列矯正|所沢市、狭山市
初診時上顎

叢生治療例
初診時下顎

成人男性の患者様。上下の歯の凸凹(叢生)を気にされての来院です。
凸凹は上顎5mm、下顎4mmです。矯正治療における抜歯・非抜歯の決定は単純に凸凹の量から判断されるわけではなく、口唇の突出感が認められるか否か、など様々な要素を加味して決定されます。

ただ、凸凹の量だけを判断材料とした目安もあります。

凸凹の量が4mm以下:一般的に抜歯は勧められない。抜歯をするのは硬組織(歯や骨)の状況からではなく、軟組織(矯正治療の場合は主に口唇の突出感や口唇閉鎖時のオトガイ筋の過緊張が認められる、など)の状態から判断して抜歯をした方が審美的に良好な結果を得られると判断した場合。
凸凹の量が5~9mm:抜歯、非抜歯いずれも可能。抜歯をするか否かは軟組織の状況から判断する。
凸凹の量が10mm以上:一般的に抜歯をすることが推奨される。
というものです。矯正歯科を志す歯科医師にとってのバイブル的存在といってもよい「プロフィトの現代矯正歯科学」という書籍 からの抜粋で、概ねこの判断基準を基に治療計画を立案することになります。
ただ、欧米人と日本人では鼻の高さや頤部の発達度合いが異なるので日本人の場合はどうしても口唇の突出感が欧米人に比べると顕著に顕れやすくなるため抜歯治療を選択することが多くなることは確かです。

本症例では上記基準に則り凸凹の程度から非抜歯での治療を行ないました。装置は唇側矯正装置(セラミックブラケット)。ワイヤーはホワイトワイヤーです。通常のワイヤーに樹脂でコーティングして審美性を高めています。治療期間は1年1ヵ月でした。

矯正歯科|所沢市、狭山市
治療開始7ヵ月正面

歯列矯正|所沢市、狭山市
治療開始7ヵ月上顎

叢生治療例
治療開始7ヵ月下顎

治療開始7ヶ月目の口腔内写真。この時点では下顎には装置を付けていません。

矯正歯科|所沢市、狭山市
終了時正面

歯列矯正|所沢市、狭山市
終了時上顎

叢生治療例
終了時下顎

下顎に装置を付けていたのは5ヵ月間でした。

NEXT→CASE1空隙歯列1(クリアアライナー、非抜歯)

その他治療例目次に戻る