電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  叢生の治療例9(上顎中切歯翼状捻転)、非抜歯

叢生の治療例9(上顎中切歯翼状捻転)、非抜歯

その他治療例目次に戻る

叢生治療例9

症状
上顎左右側の中切歯が対称に捻じれています。このような捻じれ方は叢生の典型的な症状の一つで、咬合面から見ると鳥の翼のように見えることから翼状捻転と呼ばれます。また、上顎左側側切歯が舌側転位しています。下顎両側中切歯の舌側傾斜も認められます。スペースの不足量は上顎5mm、下顎3mmと比較的軽度です。
下顎前歯部に軽度の歯肉炎が認められますが矯正治療の進行には特に問題にならないでしょう。

治療
叢生の程度から非抜歯で歯の配列を行うことにしました。若干受け口傾向を有していましたので、治療の終盤で下顎前歯を僅かに削って下顎前歯を中に入れるスペースを得ました。
このような叢生の場合、治療装置の選択肢は多いです。唇側矯正装置舌側矯正装置インビザラインなども候補に挙がると思いますが、患者様ご自身に矯正装置を装着することに対する抵抗感がなかったのでオーソドックスに唇側矯正装置を選択しました。
治療期間は12か月間でした。
本症例を唇側矯正装置、舌側矯正装置、インビザラインで治療したと仮定してそれぞれのメリットデメリットを考えてみたいと思います。
唇側矯正装置を使用した場合のメリットは治療費が最も安価、治療期間が最も短いことでデメリットは装置が最も目立つ、となります。舌側矯正装置のメリットは最も目立たない、デメリットは治療費が最も高価、治療期間は唇側矯正装置とインビザラインの中間、インビザラインのメリットは目立たない、治療費が唇側矯正装置と同程度(やや高価)、デメリットは最も治療期間が長い、となります。使用する矯正装置はこれらを総合的に判断し患者様のご希望をふまえて決定します。

 

NEXT→CASE20叢生の治療例8

その他治療例目次に戻る