電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  はさみ状咬合(鋏状咬合、シザーズバイト)の治療例1

はさみ状咬合(鋏状咬合、シザーズバイト)の治療例1

その他治療例目次に戻る

はさみ状咬合治療例1(唇側矯正装置)

症状
26歳女性。主訴は前歯の凸凹。上顎左右側中切歯が翼状捻転していることに加えて第二大臼歯の鋏状咬合、また、開咬傾向も認められます。
治療
叢生については軽度ですが、治療サイドからすると第二大臼歯の鋏状咬合がちょっと厄介です。上顎左右側第二大臼歯の唇側傾斜とともに下顎左右側第二大臼歯の舌側傾斜も認められます。
そこでマルチブラケット装置に加えてポーター(バイへリックス)を用いて上顎左右側第二大臼歯の幅径を狭めることにしました。
上顎左右側第三大臼歯(親しらず)が存在していたので抜歯しました。一般的に患者様は前歯の凸凹に対しては歯と顎(歯槽骨)の大きさのバランスがとれていない、ということはご説明すると比較的すんなりとご理解いただけるのですが、奥歯の凸凹に関してはなかなかご説明が難しいのが実際です。この症例は奥歯の凸凹というものをご理解いただくには良いケースかもしれません。
真ん中の写真が上顎左右側第二大臼歯にポーターを装着しているところです。上顎大臼歯が下顎大臼歯を乗り越えやすいように上顎の小臼歯部を中心にレジンを盛って咬合拳上しています。
治療期間は22か月間でした。

 

NEXT→CASE27叢生12(舌側矯正装置、抜歯)

その他治療例目次に戻る