電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  裏側矯正装置による叢生(歯のでこぼこ)の治療例(叢生15)

裏側矯正装置による叢生(歯のでこぼこ)の治療例(叢生15)

その他治療例目次に戻る

叢生治療例15(裏側矯正、舌側矯正、ハーフリンガル 非抜歯)

症状
主訴は前歯の凸凹です。
この症例は奥歯の咬み合せが僅かに上顎前突気味でもあったため抜歯をせずに治療すると上の前歯と下の前歯が咬み合わないことが予測されました。上顎左右第一小臼歯を抜歯するか否かのボーダーラインケースですが、抜歯を選択するには本当に僅かな上顎前突だったので、矯正用のインプラントアンカーを使用して上顎歯列全体を後方移動する方法を選択、非抜歯で治療を行うことにしました。

治療
使用装置は上顎にハーモニーブラケット、下顎は唇側矯正装置です。ハーモニーブラケットはセルフライゲーションタイプの舌側矯正装置です。インコグニトインビザラインもそうですが、最近の矯正装置はコンピューターシミュレーション技術をもとに作製されることが多くなりました。ブラケットは患者様の歯の形態に合わせたカスタムメイドです。また、ワイヤーも患者様の歯列形態に合わせてベンディングロボットによって屈曲されたものが納品されます。治療中の上顎歯列の写真を見るとワイヤーが非常に細かく屈曲されています。
インプラントアンカーは口蓋正中部に2本植立しました(治療後の上顎歯列写真にあるのは撤去したインプラントアンカーの撤去痕です。インプラントアンカーの撤去は通常は麻酔をせずに行うことが可能です。撤去痕は口腔内でもあり数日で治癒します)。
治療は順調に経過し、治療期間は17か月でした。

 

NEXT→CASE30叢生14(インビザライン、非抜歯)

その他治療例目次に戻る