電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  上下顎前突症の治療例2

上下顎前突症の治療例2

その他治療例目次に戻る

上下顎前突治療例2(上顎左右側第一小臼歯、下顎左右側第二小臼歯抜歯、唇側矯正装置)

初診時年齢:19歳

性別:女性

症状
上下顎前歯に軽度の叢生を認める。また、上下顎前歯が過度に唇側傾斜しているため口唇の突出感が顕著に認められた。
大臼歯関係はⅡ級(上顎歯列が下顎歯列に対して相対的に前方位に位置していること)であった。

治療方針
口唇の突出感を改善するために上顎左右側第一小臼歯、下顎左右側第二小臼歯の抜歯を行うこととした。一般的に矯正治療に伴う抜歯は上下顎左右側の第一小臼歯を選択することが多いが、本症例では大臼歯関係がⅡ級であるため治療後の大臼歯関係をⅠ級にするため下顎に関しては第二小臼歯を抜歯し下顎大臼歯の近心移動をはかった。

治療器具
唇側矯正装置(ジルコニアブラケット)、歯科矯正用アンカースクリュー

治療経過
1・抜歯後、上下顎に唇側矯正装置を装着し.014ニッケルチタンワイヤーにて歯列の標準化を開始
2・歯科矯正用アンカースクリューを上顎第一大臼歯、第二大臼歯間に植立。直径1.6mm長さ8mm。
3・4か月後、被蓋を浅くするために下顎にユーティリティーアーチ、上顎左右側犬歯にバイトターボ(ORMCO社製)を装着した。
4・10か月後、前歯後方牽引開始
5・27か月後、唇側矯正装置を撤去し保定装置を装着

治療期間:2年3か月

コメント
口唇の突出感が改善し良好な治療結果を得られました。

NEXT→CASE43叢生22(インビザラインによる叢生治療例)

その他治療例目次に戻る