電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  埋伏歯の自然萌出を促した小児の下顎前突症例

埋伏歯の自然萌出を促した小児の下顎前突症例

その他治療例目次に戻る

小児矯正2(埋伏歯を有する小児の下顎前突症の治療例)

症状・治療方針・治療
初診時年齢:9歳
性別:男性
症状・治療方針
前歯部反対咬合であるものの検査の結果、骨格的な要因の小さい反対咬合であった。また、虫歯が非常に多く、上顎左側第二乳臼歯の早期喪失により上顎左側第一大臼歯が近心移動した結果、上顎左側第二乳臼歯の埋伏をきたしていた。
上顎に唇側矯正装置(部分矯正=セクショナルアーチ)、固定源としてリンガルアーチを使用し上顎左側小臼歯の萌出スペースを確保することを第一目標とし、上顎左側第一大臼歯遠心移動の反作用としての上顎前歯部の唇側傾斜による反対咬合の改善を次の目標とし治療を開始した。
治療器具:唇側矯正装置(セクショナルアーチ)、リンガルアーチ
治療経過
1・リンガルアーチ、セクショナルアーチを装着し、上顎左側第一大臼歯、第一小臼歯間にオープンコイルを装着
2・4か月後、上顎前歯部にブラケットを装着し上顎前歯の配列とともに唇側傾斜をはかった
3・12か月後、上顎左側第二小臼歯が萌出。捻転していたためリンガルボタンを装着し捻転の改善をはかった
4・16か月後、装置を撤去し、第一期治療を終了した
第一期治療の治療期間:1年4か月

コメント
このケースのように乳歯列期に虫歯が多く、乳歯を早期喪失すると後方の永久歯が手前に移動してきて後継永久歯の萌出スペースが失われることがあります。乳歯には「後継永久歯の萌出スペースを確保する」という大切な役割もあるため安易に「乳歯だから・・・」と考えるのはよくありません。もしも適切な時期よりも早期に乳歯が脱落した場合にはスペースを確保するための矯正装置を装着するなどの必要が生じることもありますのでかかりつけの歯科医師に相談することをお勧めします。


治療前レントゲン


治療後レントゲン

NEXT→CASE44上下顎前突2
その他治療例目次に戻る