電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  開咬の治療例(開咬3)

開咬の治療例(開咬3)

その他治療例目次に戻る

開咬治療例3(上下顎左右側第一小臼歯抜歯、唇側矯正装置)

症状・治療方針・治療
初診時年齢:28歳
性別:女性
主訴:前歯で咬みきれない
症状・治療方針
叢生は軽度だが、口唇の突出感が認められたため上下顎左右側の第一小臼歯を抜歯することにした。
治療器具:唇側矯正装置トランスパラタルアーチ
治療期間:1年4か月
不正咬合を大別すると、叢生(乱食歯)、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、開咬(前歯が咬んでいない)となります。開咬はオープンバイト(open bite)ともいいます。これ以外にも過蓋咬合(deep bite、咬み合せが深過ぎる=開咬の逆)などもありますがほとんどの症例は4つの不正咬合に分類できます。この中で開咬は比較的出現頻度が低い症状といえます。

治療も叢生(歯と歯槽骨の大きさの不調和)、上顎前突(上顎が相対的に下顎に対し前方位にある)、下顎前突(下顎が相対的に上顎に対し前方位にある)が主に水平的な問題に対してのアプローチするのに対して開咬は垂直方向へのアプローチに重きがおかれます。

開咬の基本的な治療方針は「前歯を挺出する」あるいは「臼歯を圧下する」のいずれか、あるいはその両方からアプローチすることになります。

本症例では口唇の突出感も認められたことから抜歯治療を選択しました。上下顎前歯を舌側方向に傾斜させることで同時に開咬症状の改善にも有利に働きました。

 

Case1:空隙歯列1(クリアアライナー、非抜歯)
その他治療例目次に戻る