電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  叢生(乱くい歯、でこぼこ)の治療例4~上下顎前突、中切歯捻転~

叢生(乱くい歯、でこぼこ)の治療例4~上下顎前突、中切歯捻転~

その他治療例目次に戻る

成人の叢生4(舌側矯正装置、抜歯)

矯正歯科|清瀬、所沢
初診時正面

矯正歯科|清瀬、所沢
初診時上顎

矯正歯科|清瀬、所沢
初診時下顎

成人女性の患者様。上下の歯の凸凹と口唇の突出感を気にされての来院でした。上顎右側中切歯が捻転しています。また、上下顎前歯が接触しておらず、正面から隙間が見えます。このような症状を開咬といいます。叢生開咬上下顎前突症という症例です。
叢生は比較的軽度ですが、このような症例を抜歯をせずに治療を行うと、口唇の突出感の悪化、開咬の悪化という結果を招きやすくなります。そのため上下左右の第一小臼歯を抜歯し、叢生の改善と共に口唇の突出感の改善をはかることにしました。
患者様の職業柄、唇側矯正装置の装着がNGだったため舌側矯正装置を選択しました。

矯正歯科|清瀬、所沢
治療開始5ヵ月正面

矯正歯科|清瀬、所沢
治療開始5ヵ月上顎

矯正歯科|清瀬、所沢
治療開始5ヵ月下顎

治療開始5ヶ月目の口腔内写真。凸凹はほぼ無くなりました。上顎の口蓋を横切るように装着している装置はトランスパラタルバーといって、大臼歯が手前に動くのを防ぎ前歯を後退しやすくするための装置ですが、現在では同じ目的で矯正用ミニインプラントを同じ目的で使用することが多くなりました。トランスパラタルバーは違和感が強く患者様に不評なことが多いです。また、固定源としてもインプラントの方が優れています。矯正用ミニインプラントは手術に対する抵抗感はあるようですが、植立してしまえば違和感も少なくトランスパラタルバーに比べてメリットが多いように感じています。これから前歯を後退させて口元の突出感を改善するステージに入ります。

矯正歯科|清瀬、所沢
終了時正面

矯正歯科|清瀬、所沢
終了時上顎

矯正歯科|清瀬、所沢
終了時下顎

治療終了時口腔内写真。治療期間は17ヵ月でした。抜歯治療は平均すると2年前後治療期間がかかります。本症例は比較的短期間で治療が終了したといってよいでしょう。同じような症状でも実際に治療をしてみると予想より短期間で終了したり、逆に長引くこともあります。科学的な根拠はないのですが、治療が長引くケースの特徴として「口腔衛生状態が不良」なことが挙げられます。おそらく、口腔衛生状態が不良な患者様は良好な患者様に比較してあまりご自身の口腔内に関心が薄いと推察されます。そのため定期的な来院だったり、顎間ゴムなどの患者様ご自身で使用していただく付加装置の使用時間に差が生じている可能性があると感じています。

NEXT→CASE7叢生3(唇側矯正装置、抜歯)

その他治療例目次に戻る