電話番号:04-2928-0050

HOME >  Q&Aなど >  矯正歯科Q&A >  矯正装置の着色と対応策(Q&A11)

矯正装置の着色と対応策(Q&A11)

矯正歯科Q&A目次に戻る

カレーライスを食べたら装置が黄色くなってしまいました。何か良い方法はありませんか?

カレーライスなどを食べて黄色く着色するのはモジュールという、ブラケットとワイヤーを固定するゴムの部分です。モジュールに吸水性があること、多孔性であることから着色してしまうのですが、反面、伸縮性があり、扱いやすいなどの長所もあります。

モジュールは毎回の治療毎に新しく交換しますので、ずっと黄色いままではありませんが、やはり気にされる患者様は多いようです。

アクイユ矯正歯科クリニックでは「クリアスナップ」という変色しないモジュールの代わりになる装置を用意しています(別途費用がかかります:毎回の処置料金5,250円+クリアスナップ1050円)。結ぶ力が弱いので治療中常にクリアスナップというわけにはいきませんが、治療の最初の段階では使用できます。クリアスナップはゴムではなく、プラスティックで作られているため1カ月程度で変色するようなことはありません。
また、セルフライゲーションブラケットという、モジュールを使わない矯正装置もあります。このブラケットならば黄色く変色するということからは解放されますが、反面、金属部分が僅かに表に見えてしまうというデメリットはあります。
尚、舌側矯正装置で治療されている患者様のモジュールも黄色に変色しますが、元来見えない装置ですのでクリアスナップなどの処置は必要ありません。

矯正装置|埼玉県所沢市 歯列矯正

写真左がクリアスナップ、右が通常のモジュールです。
この場合のモジュールはたまたま日当たりの良い場所に1年間置いておいたらこういう色になっただけですが、カレーを食べるとあっという間にこういう色になります。クリアスナップはこういう変色の仕方をしないので審美的に優れています。

Q&A12:お支払いについての質問集

矯正歯科Q&A目次に戻る