電話番号:04-2928-0050

HOME >  Q&Aなど >  矯正歯科Q&A >  混合歯列期に治療を開始する症状(Q&A20)

混合歯列期に治療を開始する症状(Q&A20)

矯正歯科Q&A目次に戻る

学校のお友達はもう治療を始めているのに、うちの子はなぜ治療しないのですか?

小学校低学年~中学年のお子様のお母様からご質問を受けることが多いです。
乳歯列期~混合歯列期(乳歯と永久歯がある、生え代わりの時期)に矯正治療を始めるのは主に以下のような症状あるいは目的の場合です。

  1. 反対咬合(受け口)
  2. 機能的障害(不正咬合を原因とする咬合機能や歯周組織に対する障害)
  3. 早期に治療を開始することで抜歯を避けることができる
  4. 極端な審美障害

上記の項目に当てはまらなければ早期に治療を開始する意味があまり無いので経過観察することも多いのです。
ですから似たように見える症状でも、治療を開始する場合としない場合がでてきます。特に審美障害に関しては感覚的な問題を含んできますからこれといった決まりはありません。本人がひどく気にしている場合は早期治療の対象になるでしょうし、全然気にしていなければ早期治療の対象にはなりません。

当院では、初診相談で早期の治療が必要ないと判断した患者様には数ヶ月~1年毎の定期検診のご連絡をしています。最適な時期に治療を開始するためにも定期的な検診をお勧めします。

参考ページ:小児矯正の目的

Q&A21:小学校2年生の女の子ですがインビザラインで治療できますか?

矯正歯科Q&A目次に戻る