電話番号:04-2928-0050

HOME >  Q&Aなど >  矯正歯科Q&A >  矯正治療を始めたら歯がしみてきました(矯正歯科Q&A27)

矯正治療を始めたら歯がしみてきました(矯正歯科Q&A27)

矯正歯科Q&A目次に戻る

歯が動いてきたら冷たいものがしみるようになりました。大丈夫でしょうか・・・

矯正装置を装着してし暫くすると歯が動き始めますが、そうすると冷たいものに歯がしみる症状を訴える患者様がいらっしゃいます。これは次のようなことが原因であることがほとんどです。

矯正治療前は歯が凸凹しています。また、多くの患者様において歯磨きが上手にできていないなどの理由で歯肉の炎症を引き起こし、歯肉炎を発症しています。
このような状況下では、不健康な歯肉ながらも、他の歯や炎症によって増殖した歯肉によって外部の刺激から遮断される部分ができます。

矯正治療が進み、凸凹が改善されると、それまでは外部の刺激に触れていなかった部分(左図の青丸で囲んだ部分)が表面にでてきます。今までは他の歯や増殖した歯肉によって、冷たい飲み物の刺激を受けなかった部分が突然、刺激を受け痛みを感じるようになるのです(知覚過敏)。

矯正治療を始めると歯がしみる原因の多くがこのような理由です。

上記の理由であれば数週間で自然と治りますのであまり心配はいりません。本来外部に触れるべき部位が、歯並びの理由で触れていなかっただけですから本来はなんら問題は無いのです。もちろん、歯がしみるのが他の理由(例えば虫歯)によることもありますので担当の先生に症状を伝えることは大切です。

なお、上記のような理由であった場合、当院では以下のような知覚過敏治療薬を用いて症状の軽減を図ります

当院では知覚過敏症にClinpro XT Varnishを適応しています(2010年11月現在)。
これまで数多くの知覚過敏症薬を試みてきましたが、残念ながらどれも効果はいまひとつでした。
このClinpro XT Varnishは即効性、確実性で従来の知覚過敏症薬を遥かに上回っていると感じています。薬というよりは、刺激遮断のシールドと考えるべきものではありますが、効果は圧倒的です。

矯正歯科Q&A目次に戻る