電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  ご質問とお答え >  出っ歯の治療と抜歯についてのご質問

出っ歯の治療と抜歯についてのご質問

患者様からのご質問

今月から某歯科で歯列矯正を行うことになりました。出っ歯の矯正なのですが、抜歯をしなくても可能なのでしょうか?10年前にも非抜歯で矯正を行っているので不安があります。自分としては今回は、4本ほど抜歯してもらいたいのですが、要望すれば抜歯となりますか?宜しくお願いいたします。

当院からのお返事

アクイユ矯正歯科クリニックの能村と申します。
初めに症状によって治療方針は様々なので、以下に記載することが必ずしも**様の症状に合致するとは限らないことをご了承ください。出っ歯の治療方針を網羅的にご説明すれば本が書けるような分量になってしまうからです。
出っ歯(上顎前突)を治療するためには上顎の前歯を後退させるか、下顎の前歯を前進させるかのいずれかの方法があります。また、口唇の突出感の程度とも関連してきます。

前歯を後退させるためには歯列内に空隙が必要です。歯列内に空隙を獲得する方法は以下の3通りです。
1:既に歯列内に空隙が存在する(すきっ歯)
2:抜歯をして歯列内に空隙を獲得する
3:奥歯を後退させて空隙を獲得する

10年前に治療を行っているということは少なくとも20代以上だと思われますので、おそらく3の治療方針は困難でしょう。12歳臼歯が萌出すると奥歯を後退させるのは萌出していない状況と比べて困難になります。そのため、3については考慮しないことにします。

**様が1の症状の場合にはその隙間を利用して出っ歯の治療を行うことが考えられます。これによってある程度口唇の突出感の改善も期待できますから非抜歯治療になります。ただ、既に存在する空隙だけでは口唇の突出感の改善が不十分な場合には抜歯をしてさらに空隙を獲得し前歯を後退させる場合もあります。
現状で歯列内に空隙が無い状態で、抜歯をせずに出っ歯の治療を行うとしたら下顎の前歯を前進させることになると思います。上顎の前歯の位置まで下顎の前歯を前進させるイメージです。口唇の突出感が無い場合に選択される治療法です。もし、口唇の突出感があり、患者様がその改善を希望している場合には抜歯治療を選択することになります。

**様の場合、担当の先生にa:上顎の前歯を下げるのか、下の前歯を前に出して治療を行うか b:(もし口唇の突出感が存在して、かつ小林様が気にされているならば)口唇の突出感は改善されるのか否か、を確認されてみてはいかがでしょうか。特に口唇の突出感は審美的な問題であるため、人によって判断がばらつく傾向があります。**様の審美感覚と担当医の審美感覚がずれている可能性もありますので確認されることをお勧めします。

要望すれば抜歯となるか否かですが、普通は対応してくれると思います。ただ、稀に非抜歯治療を社是といいますか、頑なに拘る先生も存在しているのでその場合は困難でしょう。

*このページは実際に患者様からメールで頂いたご質問に対する当院のお返事を中心に記載しております。そのため、患者様からの質問内容については年齢、性別、文章の特徴等、Q&A形式で考えて問題ない範囲でデフォルメして記載しております。また、内容的にも理解が得られやすいよう私の方で適宜解説を追加・改変して記載しておりますので実際の遣り取りとはかなり異なることがございますのでご了承ください。