電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  ご質問とお答え >  欠損歯がある場合の矯正治療についてのご質問

欠損歯がある場合の矯正治療についてのご質問

患者様からのご質問 上顎の左側の前歯1本と右側の犬歯を虫歯で抜いています。こういう状況の場合、矯正は無理なのでしょうか。また、差し歯の治療はアクイユ矯正歯科クリニックでは行っていないのでしょうか。
当院からのお返事 既に2本の歯を抜歯済みとのことですが、それで矯正治療ができないということはありません。 歯のでこぼこの程度が大きい場合など、矯正治療の際に抜歯が必要な場合には抜歯済みの部位にあるスペースを利用して歯を並べますし、抜歯が必要ない症状の場合には矯正治療終了後に当該部位の最終的な補綴処置(差し歯など)を検討することになります。 当院では補綴処置などは行っておりませんので差し歯などはかかりつけの一般歯科医院にご依頼することになります。

抜歯済みの歯がある場合の矯正治療について

抜歯済みの歯がある、あるいは保存不可能な歯がある場合の矯正治療はまず抜歯済みの歯が存在している場合を想定して治療を考えます。その後、 1・矯正治療に伴う抜歯が必要ないと判断した場合 この場合には既に抜歯を行った部位は抜歯した歯の大きさと同じスペースを残して矯正治療を終了させます。そして補綴治療(ブリッジや差し歯、入れ歯などのこと)によって欠損部位を補います 2・矯正治療に伴い抜歯が必要な場合 矯正治療に伴う抜歯は一般的に第一小臼歯を選択することが多いのですが、既に抜歯している歯がある場合には当該部位を矯正治療の為に抜歯したものと考えてそのスペースを利用します。つまり抜歯する部位を置き換えたようなイメージになります。

このような考え方を基本に症状に応じて対応することになります

*このページは実際に患者様からメールで頂いたご質問に対する当院のお返事を中心に記載しております。そのため、患者様からの質問内容については年齢、性別、文章の特徴等、Q&A形式で考えて問題ない範囲でデフォルメして記載しております。また、内容的にも理解が得られやすいよう私の方で適宜解説を追加・改変して記載しておりますので実際の遣り取りとはかなり異なることがございますのでご了承ください。