電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  院内設備 >  スポットウェルダー

スポットウェルダー

スポットウェルダーはバンドにブラケットを溶接する際に使用する器械です。
かつて矯正治療では前歯部含め全ての歯にバンドをしていました。審美性は悪いですが、歯質接着性を有する接着剤が無かったのでそうするしかなかったのです。
歯質接着性を有する接着剤が開発されたことでバンドは徐々に姿を消して現在のダイレクトボンディング(歯に直接ブラケットを接着する方法)に移行してきました。
ただ、ダイレクトボンディングは天然歯においては強固な接着強度を有していますが、補綴物(金属やセラミックなど)に対する接着強度は弱くなります。そのために現在でも臼歯部を中心にバンドによるブラケット装着は普通に行われています。
歯科医師によっては臼歯部は必ずバンドで賄うことも少なくありません。ダイレクトボンディングは矯正治療を行うにあたり必要十分な接着強度を有していますが、どちらがより強固な接着強度かといえばやはりバンドということになるでしょう。そこで、臼歯部など、咀嚼時にかかる咬合力が大きい部位はバンドを使用するという考え方です。ただ、矯正治療後にバンド分のスペースが残存するなど(通常は自然と閉鎖します)、デメリットも存在しますのでアクイユ矯正歯科クリニックでは天然歯に対しては臼歯部であっても第一選択としてはダイレクトボンディングとしています。
余談ですが、矯正業界で前歯部のバンドをほぼ誰も行わなくなったにも拘らず、前歯部まで全てバンドでブラケットを装着することがごく一部の大学病院で行われていました。1995年前後のことです。その大学病院に所属する歯科医師全員ではなく、1,2年目の研修医だけの課題です。教育目的ということなのでしょうが、誰も使わなくなった前歯部のバンドなど製造しても売れるわけがありません。なので大学病院相手とはいえ製造メーカーがさすがに悲鳴を上げて「もうやめてください」と訴えたそうです。それが理由かどうか定かではありませんがほどなくしてその大学病院もフルバンドをやめました。傍から見ていても「研修医へのシゴキ」感満載でしたから当然と言えば当然でしょう。なにより患者様の利益に全くなりませんし。
写真のスポットウェルダーはデンツプライ三金のSS-100という製品です。この製品、私が歯科医師になってから20年もの間、新型が発売されていません。およそ複雑な器械ではないので、ある意味でこれがスポットウェルダーとしての完成形なのだと思います。
ただ、本体の左半分はワイヤーを熱処理するための機能が付いている部分なのですが、今時必要ないのでそろそろ左半分の機能を省いてもう少しコンパクトな新型を発売して欲しいと最近は思っています。

SS-100 スポットウェルダー

院内設備23:光照射器2