電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム > 医院案内 > クリニックについて > 衛生管理について

院内感染予防への取り組み

当院の衛生管理について

衛生管理はクリニックの医療に対する姿勢が最も顕著に表れる部分だと思っています。当院は衛生管理を医療の原点と考え、歯科医師含め全てのスタッフは最初に器具の洗浄・滅菌・管理を担当します。ここでの経験が、後々の臨床上での衛生管理や、細部に渡る気配りに生きてくると考えているからです。

当院では浮遊粉塵対策として全ての診療台に屋外排気の口腔外バキュームを備えています。
また、治療器具の滅菌にはオートクレーブ2台、ガス滅菌器2台、合わせて4台の滅菌器を設置しています。オートクレーブ1台で全ての滅菌作業をこなしている歯科医院が大多数な現状と比較すると、設備過剰のようにもみえますが、器械は故障するものです。平時においては余分ともいえるキャパシティーを備えるくらいで丁度いいと思っております。
当院の衛生管理は設備・方法、共に歯科医院として最高水準にあると自負しています。

口腔外サクション(口腔外バキューム)

口腔外サクション

天井に吊り下げているような白い管が口腔外サクションです。歯科治療時に口腔外に飛散する切削粉などの有害な浮遊粉塵(肝炎ウイルスなどの病原性ウイルスも含む)を口元で空気と共に吸引することで院内感染を防止し患者様の健康を守るための装置です。当院は全診療台に設置しています。当院の口腔外サクションは排気を屋外へおこなう方式のため、歯科治療に伴う気になる臭いも軽減します。

治療時の口腔内サクション

治療時にはこのように口腔内サクション(=口腔内バキューム:口腔内の水分を吸入)と口腔外サクション(=口腔外バキューム:口腔外の空気を吸入)を併用します。

滅菌システム

歯科用切削器具(エアタービン、マイクロモーターなど)

歯科用切削器具(エアタービン、マイクロモーターなど)

タービン等、歯科用の切削器具は全て治療毎にオートクレーブ(高圧蒸気滅菌)で滅菌します。

歯科用ハンドピースの滅菌についてはコラムにも書いています(リンク:歯科用ハンドピースの滅菌について


プライヤー類

プライヤー類

矯正治療に使用するプライヤー類は全て使用毎にホルマリンガス滅菌器で滅菌します。

プラスチック製品など

プラスチック製品など

高圧蒸気滅菌や、ホルマリン滅菌に適さないプラスチック器具のなかで形態が比較的単純な器具は使用毎にグルタールアルデヒドを用いて薬液滅菌します。

研磨ブラシ、ラバーカップ、マーカーペンなど

研磨ブラシ、ラバーカップ
マーカーペン

研磨ブラシ、ラバーカップ、マーカーペンなど高温下で変形する(高圧蒸気滅菌に不向き)、吸水性がある(ホルマリンガス滅菌に不向き)、形態が複雑(薬液滅菌に不向き)などの理由により高圧蒸気滅菌、ガス滅菌、薬液滅菌のいずれも困難な歯科器具は使用毎にディスポ製品を使用します。
外部リンク:ラバーカップのディスポ化に関するサイト

精密機器

精密機器

電動注射器や光照射器、口腔内カメラなど、滅菌を行なうことが困難で、ディスポも困難な精密医療機器には各医療機器専用のスリーブ(ビニールカバー)を使用毎に交換して使用します。

 

 

 

NEXT当院の設備について