電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム>サイトマップ>ペンライト

ペンライト

ペンライト|埼玉県所沢市|アクイユ矯正歯科クリニック

性能的にはホームセンターに売ってる物とさほど変わらないと思いますが、歯科専用です。

実は歯科のユニットに付いているライトは一般の蛍光灯に比較して非常に明るくて、読書などに必要な明るさが500〜1000ルクス程度なのに対し、歯科用ユニットのライトは1万〜2万ルクス以上のものもあるのです。

普段、診療しているときには実感が無いのですが、以前、中学生の歯科検診を体育館でしたときに明かりの大切さを実感しました。そのときは学習用の蛍光灯で行なったのですが何しろ見えにくい。奥歯なんて本当に見えない。たぶん、歯科のユニットの明かりだと反射光でもそれなりに見えるだけの明るさが保たれるのでしょうが、学習用の蛍光灯の反射光では歯の形態を判別するのがせいぜいで、とても歯の隣接面の虫歯を正確に認識はできないと感じました。
よほど大きな虫歯だったら見逃すことは無いと思いますが、学校歯科検診はあまりに酷い口腔内状況の学童・生徒をスクリーニングするためのものであって、学校歯科検診の結果を鵜呑みにするのは危険だと実感しました。

さて、そんな明るい状況が確保されているのに何でペンライトが必要なのかというと、 骨に埋もれた歯(埋伏歯)に矯正装置を接着する際に必要なのです。
埋伏歯に矯正装置を接着する際には当然骨を削る手術をして埋伏歯を見える状態にするのですが、場合によっては間口が6〜7mmで深さが1cmという状態の埋伏歯の表面に矯正装置を装着しなければならない状況になることもあります。例えていうとトンネルの先端の歯に装置を装着するような感じでしょうか。
これだけ間口が狭いとさすがの歯科ユニットの明るさでも見えないので、ペンライトで照らすのです。

院内設備13:エアーガン

アクイユ矯正歯科クリニックへのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。

ページトップへ戻る