電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム > 歯列矯正治療 > 矯正歯科Q&A目次 > Q&A10

矯正治療期間中に妊娠・出産の可能性がある場合はどうなりますか?(Q&A10)

矯正歯科Q&A目次に戻る

矯正治療期間中に妊娠・出産の可能性がある場合にはどうなりますか?

妊娠期間中は一般的に歯周病になりやすい口腔内環境になります。

このため、普段よりも気をつけて歯磨きなどの口腔ケアをする必要はありますが普通の矯正治療に関しては特に支障があるわけではありません。
抜歯や矯正用インプラントに関しては産婦人科の主治医の先生に問い合わせてからになりますが、健康状態に問題が無ければ特に控えるように指示されることはないようです。もっとも、最初から判っているのであればやはり安定期までは避けた方が良いでしょう。

矯正治療の通院は、平均的には出産前1ヶ月〜出産後1ヶ月の間矯正治療をお休みすることが多いです。

例えば4月1日、5月1日、6月1日の治療予定だとすると、真ん中の5月1日の治療をお休みすることになりますが、全体の治療期間に与える影響もあまりありません。

Q&A11:カレーライスを食べたら装置が黄色くなってしまいました。何か良い方法はありませんか?

矯正歯科Q&A目次に戻る

アクイユ矯正歯科へのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。