電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム > 歯列矯正治療 > 歯列矯正治療例 > その他治療例目次 > Case36

舌側矯正(裏側矯正)による叢生の治療例〜ハーモニーブラケット〜

その他治療例目次に戻る

叢生治療例18(ハーフリンガル、ハーモニーシステム)

症状および治療方針
主訴は乱杭歯、八重歯でした。
凸凹の程度だけで判断すれば抜歯をせずに治療することも可能ですが、抜歯をしない場合には凸凹を改善するためのスペースを前方に求めることになり、前歯が治療開始時よりも前突することになります。症状によってそれで問題ない場合もありますが、この症例では側貌の審美性を重視して抜歯をすることにしました(上顎左右側第一小臼歯、下顎左右側第二小臼歯)。
また、口蓋正中に矯正用アンカースクリューを2本植立し、上顎前歯後退の補助としました。

治療
使用装置は上顎にハーモニーブラケット(HARMONY、ハーモニーシステム)、下顎は唇側矯正装置にホワイトワイヤーの組み合わせです。
ハーモニーブラケットについて少し説明すると、現在当院で主に使用しているインコグニトブラケット同様、患者様の歯、および歯列の形態に合わせてブラケットとワイヤーが製作されるシステムです。
ブラケットが破損しやすい気がして現在はあまり使用しなくなりましたが舌側矯正の方向性としてはインコグニトやハーモニーのような患者様毎にカスタムメイドで作成されるブラケットへと移行しているように思います。ハーモニーブラケットに関してはもう少しブラケットの耐久性が向上してくれれば安心して使いやすいので、改良を期待しているところです。
上顎の正中に2本のアンカースクリューを植立し、そこに牽引用のフックを屈曲して装着しています。今では既製品がありますから自作することはほとんどなくなりましたが、当時はあれこれ考えて写真のようなスタイルに辿り着きました。このようなシステムを用いることで口蓋正中部に植立したインプラントアンカーを上顎前歯後退のための固定源として活用することができるようになります。
治療期間は2年3か月でした。

 

NEXT→CASE35下顎前突6(埋伏犬歯を伴う下顎前突の治療例)

その他治療例目次に戻る

アクイユ矯正歯科へのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。