電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  上顎前突(出っ歯)の治療例~固定源に矯正用ミニインプラントを利用~

上顎前突(出っ歯)の治療例~固定源に矯正用ミニインプラントを利用~

その他治療例目次に戻る

成人の上顎前突3(舌側矯正装置+インプラント矯正、抜歯)

矯正歯科|所沢市、東村山市
初診時正面

矯正歯科|所沢市、東村山市
初診時上顎

矯正歯科|所沢市、東村山市
初診時右側面

矯正歯科|所沢市、東村山市
初診時下顎

初診時口腔内写真です。重度の上顎前突症叢生の合併症です。下顎をみると左側の第一小臼歯と右側側切歯が完全に歯列から逸脱し、上顎の前歯は下顎の前歯より1cm以上前突しています。
上顎左右の第一小臼歯と下顎左右の第一小臼歯を抜歯(合計4本)し、さらに、効果的に上顎前歯の後退をはかるため上顎口蓋側臼歯部に固定源のための矯正用ミニインプラントを埋入することにしました。

矯正歯科|所沢市、東村山市
治療開始12ヵ月後正面

矯正歯科|所沢市、東村山市
治療開始12ヵ月後上顎

矯正歯科|所沢市、東村山市
治療開始12ヵ月後右側面

矯正歯科|所沢市、東村山市
治療開始12ヵ月後下顎

治療開始12ヶ月後の口腔内写真。上顎はインプラントを固定源として前歯部を後方に牽引しています。下顎は若干残ったスペースを閉じています。またパラタルバー顎間ゴムも使用しています。
本症例では上顎第一大臼歯と第二大臼歯の口蓋側歯根間にインプラントを植立していますが、現在はほとんどのケースで口蓋縫合部に2本植立し、そこからパラタルアームを延長して固定源として使用しています。
理由は口蓋の歯肉は厚みがあることが第一です。3mm程度なら良いのですが5mmを超える厚みのある患者様も多く、そうなると8mm長のインプラントを植立しても骨中に埋入されているインプラント長は3mmでしかありません。これでは脱落の確立が高くなります。その点、口蓋縫合部は歯肉の厚みが1~2mmであることがほとんどです。また、皮質骨の厚みも口腔内からインプラントを植立可能な部分では最も厚くインプラント植立に有利な条件が揃っています。特に本症例のように口蓋正中部に骨隆起を認める患者様においては皮質骨が極めて厚く安心してインプラントを植立することができます。
本症例の治療開始時には口蓋正中部へのインプラント植立がそれほど一般的ではなかったため歯根間に植立していますが、安定して固定源として利用可能な状況を保っています。

矯正歯科|所沢市、東村山市
終了時正面

矯正歯科|所沢市、東村山市
終了時上顎

矯正歯科|所沢市、東村山市
終了時右側面

矯正歯科|所沢市、東村山市
終了時下顎

治療期間は23ヵ月間でした。他院からの紹介でしたが、初診時は上顎左側第二大臼歯に大きな虫歯があるなど口腔内環境は極めて悪く、症状的にも相当な難症例でしたが、患者様の治療に対する協力度が極めて良好だったこともあり、予定より早く治療を終了することができました。歯並びが良くなっていく過程が楽しみだったようで、治療期間中、次第に口腔衛生状況も良くなってきました。やはり、治療を早期に終了させるにはご自身の口腔内に関心を持つことと、付随して口腔衛生状態を良好に保つ(=歯磨きをしっかり頑張る)ことがとても重要なことです。口元の突出感の改善も相当なもので患者様は「表情が変わった!」ととても喜んでくださいました。

NEXT→CASE9下顎前突2(インビザライン、非抜歯)

その他治療例目次に戻る