電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  開咬治療例2~マルチループ、MEAW~

開咬治療例2~マルチループ、MEAW~

その他治療例目次に戻る

開咬治療例2(唇側矯正装置、抜歯)


初診時口腔内写真

開咬下顎前突叢生の合併症です。下顎左側第一小臼歯の1本抜歯。治療の初期段階で開咬、および下顎前突の症状が悪化したように見える傾向があります。これは多くの下顎前突において上顎前歯が唇側傾斜、下顎前歯が舌側傾斜している(デンタルコンペンセイションといいます)ことが原因です。治療を開始すると一時的に舌側傾斜している下顎前歯が唇側傾斜することで治療前よりも下顎前歯が突出し、また、上下顎前歯の垂直的な隙間も増大することになります。あくまで一時的なものなので心配する必要はないのですがやはり気にされる患者様は多いです。


治療途中口腔内写真
(治療開始16ヵ月後)

ちょっと変わったワイヤーが装着されています。マルチループとかMEAWなどどよばれます。L字型のループをブラケット間に配置することで、ラーメン鉢の模様に似ているのでラーメンワイヤーなんて呼ばれることもあります。頻繁に使用するワイヤーではありませんが開咬の治療、とりわけ非抜歯で開咬の治療を行う際には一つの解決策になります。このワイヤーは顎間ゴムと併用することで初めて効果を発揮します。顎間ゴムは一般的に一番前の上下Lループ間に使用します。顎間ゴムを使用しないと良くなるどころか開咬が悪化してしまうので注意が必要です。
このワイヤーの難点は屈曲が難しいことと、歯磨きが難しくなることです。口腔内で曲げられなくもないのですが診療時間内に屈曲するのは時間的に少々厳しいので通常は歯列模型を作製して模型上で屈曲してから患者様に装着することになります。私は外注したことが無いのですが、歯科技工所の製品カタログに掲載されていることもあります。もう一方の歯磨きの難しさは患者様に頑張って頂くしかないというのが正直なところです。


治療終了時口腔内写真
(治療開始24ヵ月後)

治療期間は24ヶ月でした。
NEXT→CASE13上顎前突5(舌側矯正装置+インプラント矯正、抜歯)

その他治療例目次に戻る