電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  叢生(乱杭歯、でこぼこ)の治療例7~舌側矯正、抜歯~

叢生(乱杭歯、でこぼこ)の治療例7~舌側矯正、抜歯~

その他治療例目次に戻る

叢生治療例7(舌側矯正装置、抜歯)


初診時口腔内写真

右上の八重歯を気にされての来院でした。スペースの不足量は上顎7mm、下顎4mm。奥歯の咬み合せも下顎に対して上顎が相対的に前方位にあったため、上顎は左右の第一小臼歯、下顎は左右の第二小臼歯を抜歯しました。第一小臼歯を抜歯すると抜歯部位より前に位置するのは中切歯、側切歯、犬歯の3本、後方に位置するのは第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯の3本になります。対して第二小臼歯を抜歯すると抜歯部位より前に位置するのは中切歯、側切歯、犬歯、第二小臼歯の4本、後方に位置するのは第一大臼歯、第二大臼歯の2本になります。このように上下顎の抜歯部位を非対称とすることで相対的に上顎大臼歯よりも下顎大臼歯を手前に移動することが容易になり、奥歯の咬み合せの関係改善が容易になります。第一小臼歯と第二小臼歯は形態がほぼ同じで、どちらを抜歯しても咬み合せに影響することは無いので矯正治療においては治療進行上、より有利と考えられる方を抜歯することになります。


治療途中口腔内写真

治療中の写真です。上下顎ともに抜歯空隙を閉鎖している段階です。上顎にはワイヤーをL字型に屈曲しているのが見えますがこれをループといいます。ループを広げると元に戻ろうとする力が作用して歯列内の空隙を閉鎖します。上顎の小臼歯から大臼歯にかけて見える青い物は咬み合わせを拳上するためのセメントです。舌側矯正では比較的良く行われる処置で、下の前歯が上の前歯のブラケットと当らないようにして、空隙閉鎖の補助としています。


治療終了時口腔内写真

治療終了時です。最終段階で矯正用のマイクロインプラントを口蓋正中部に植立したため撤去した跡が残っていますが数日で塞がります。

NEXT→CASE18叢生6(唇側矯正装置、抜歯)

その他治療例目次に戻る