電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  インビザラインによる叢生(歯のでこぼこ)の治療例1(叢生13)

インビザラインによる叢生(歯のでこぼこ)の治療例1(叢生13)

その他治療例目次に戻る

叢生治療例13(インビザライン、非抜歯)

症状
主訴は前歯の凸凹を治したいということでした。
口腔内写真から上顎左右中切歯の翼状捻転、下顎左側中切歯の舌側転位を認めます。
叢生の程度、上顎前歯唇側傾斜の程度から非抜歯で治療を行うことにしました。このように抜歯の必要がない症例では矯正装置の選択の幅がありますが、患者様が見えない矯正装置をご希望でしたのでインビザラインで治療を行うことにしました。
治療
インビザラインの当初の治療計画ではアライナーが17セット必要ということで、治療期間は8か月半の計画でした。症例写真の治療中の画像が17セットのアライナーを使用した後の状態です。
初診時と比較し、翼状捻転の改善が顕著ですが、正面像において特に下顎右側側切歯の歯軸が遠心に傾斜しているのが気になります。そこで、患者様に了解を得てケースリファイメント(微調整用のインビザラインを作成し治療を継続すること)を行うことにしました。ケースリファイメントは微調整用のインビザラインのことで、当院では3回のケースリファイメントを無料(処置費用はかかります)で行うことができます。
結果、3回のケースリファイメントを行い治療を終了しました。当初の予定は8か月半でしたがケースリファイメントを3回行ったために合計で47セットのアライナーを使用しました。47セットのアライナーに対する治療期間は23.5か月ですが、作製する期間もありますので結果的に治療期間は2年3か月でした。
≪本治療におけるアライナー数≫
最初のアライナー数:17セット
1回目のケースリファイメントのアライナー数:11セット
2回目のケースリファイメントのアライナー数:11セット
3回目のケースリファイメントのアライナー数:8セット

インビザラインの治療経過の写真 初診時上顎インビザラインの治療経過上顎 所沢市、入間市、狭山市近くのアクイユ矯正歯科インビザライン治療後写真上顎

初診時正面治療経過正面 東村山市、清瀬市、東久留米市近くのアクイユ矯正歯科インビザライン治療後正面

初診時下顎治療経過下顎 飯能市、秩父市、日高市近くのアクイユ矯正歯科インビザライン治療後下顎

 

NEXT→CASE28はさみ状咬合1(唇側矯正装置、非抜歯)

その他治療例目次に戻る