電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  インビザラインによる叢生(歯のでこぼこ)の治療例2(叢生14)

インビザラインによる叢生(歯のでこぼこ)の治療例2(叢生14)

その他治療例目次に戻る

叢生治療例14(インビザライン、非抜歯)

症状
主訴は出っ歯を治したということでした。出っ歯は専門用語では上顎前突症といいますが、厳密には異なります。
出っ歯というのは前歯の見た目の感覚的な判断で、上顎前突症というのは上下顎骨の相対的な前後的不調和(上顎が大きいとか、下顎が小さいとか)を主たる判断要因とします。
本症例は確かに出っ歯ではありますが、上下顎骨の前後的不調和は認められないため上顎前突症とはいえません。専門的な症例分類としては叢生(一般的には乱くい歯などと形容されることが多い)に分類されます。

治療
患者様のご希望や症状を勘案しマウスピースタイプの矯正装置、インビザラインで治療を行うことにしました。
コンピューターシミュレーションによると当初のアライナー(マウスピース)数は27組です。順調にいけば約1年で治療が終了する予定です。
≪本治療におけるアライナー数≫
最初のアライナー数:27セット
ケースリファイメント(微調整用のインビザライン):なし
治療期間:13か月
当初のアライナー27セットを終了した時点で患者様は大変満足されており、ケースリファイメントは行いませんでした。私としては左側臼歯部の咬み合せが甘いかな、とも感じましたが保定期間中に咬合するようになるだろうと判断しています。
ケースリファイメントは治療終了後半年間有効なので、今後患者様のご希望が生じればケースリファイメントを行うこととし、一旦治療完了としました。

 

NEXT→CASE29叢生13(インビザライン、非抜歯)

その他治療例目次に戻る