電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  小児矯正の治療例1

小児矯正の治療例1

その他治療例目次に戻る

小児矯正治療例1(上顎第一大臼歯の近心傾斜のアップライト)

症状・治療方針
傾斜した歯を垂直に起こすことをアップライトといいます。日本語でいえば整直化となるでしょうか。この症例は上顎左右側第一大臼歯が手前に傾いて萌出してきたために上顎の左右側第二乳臼歯に引っかかって口腔内に半分しか萌出できていない状況を改善した症例です(写真の黄色い丸のところ)。
大臼歯が手前に傾いていると、小臼歯の萌出スペースを阻害します。また、本症例の場合には第二乳臼歯に引っかかって第一大臼歯の手前の部分が埋もれています。このため、歯磨きで届かない部位が生じるためとても虫歯になりやすい状況です。
1・小臼歯の萌出スペースを確保する
2・虫歯になるリスクの軽減
この2つの目的のために第一期治療を行うことにしました。

治療
上顎左右第二乳臼歯間にリンガルアーチを装着し、部分的に唇側矯正装置を併用することで上顎左右側第一大臼歯のアップライトをはかりました。

治療期間
治療期間は6か月間でした。リーウェイスペースから計算して上顎の犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯の萌出スペースは確保されていると判断できますので当面は経過観察を行います。
永久歯列期に第二期治療の必要性も含めて再診断を行う予定です。

治療前のレントゲン写真
治療後のレントゲン写真

 

NEXT→CASE39叢生20(上下左右側第一小臼歯を抜歯して治療した叢生症例)

その他治療例目次に戻る