電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  叢生の治療例21

叢生の治療例21

その他治療例目次に戻る

叢生治療例21(抜歯、唇側矯正)

症状・治療方針・治療
前歯の叢生(でこぼこ)を気にして来院されました。上顎左右側中切歯が典型的な翼状捻転を呈しています。
叢生の程度から判断すると抜歯、非抜歯のボーダーラインケースですが、口唇の突出感が認められたため患者様の意向を加味して上下顎左右側の第一小臼歯を抜歯して治療を行うことにしました。
(抜歯するか非抜歯で治療を行うかの判定は、叢生の量が4mm以下は非抜歯、5mm~9mmはボーダーライン、10mm以上は抜歯というのが一つの目安になります。これに側貌を加味して総合的に判定します。)
上顎大臼歯が前方に移動することを防止するためにTPA(トランスパラタルアーチ、治療中写真の口蓋を横切る太い針金のことです)を加強固定装置として使用しました。ブラケットは上顎がジルコニア製、下顎は上顎前歯の咬耗を避けるためにコンポジットレジン製のブラケットを使用しています。

治療期間
唇側矯正装置による治療期間:1年11か月でした。

NEXT→CASE40小児矯正1(上顎左右側第一大臼歯をアップライトした小児矯正症例)
その他治療例目次に戻る