電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  下顎前突症の治療例7

下顎前突症の治療例7

その他治療例目次に戻る

下顎前突治療例7(下顎左右側第一小臼歯、唇側矯正装置)

初診時年齢:25歳

性別:女性

症状
骨格的な下顎前突症。下顎歯列弓が上顎歯列弓に対して小臼歯1歯分前方位にある。上顎中切歯間に僅かな空隙を認める。

治療方針
外科矯正治療も考慮される症状であったが、患者様が手術を望んでおらず、また、矯正治療単独でも咬合の改善は可能と判断し、下顎左右側の第一小臼歯を抜歯して骨格的な問題をカムフラージュすることにした。

治療器具
唇側矯正装置(ピーチゴールドワイヤー)

治療期間:1年5か月

コメント

本症例は小臼歯1歯分下顎歯列弓が上顎歯列弓に対して前方位にあるが、これ以上前方位になると下顎小臼歯を2本抜歯しなければならないため通常は外科手術を併用した矯正治療を選択することが多くなる。本症例は外科矯正とのボーダーラインケースといえます。顎間ゴムの使用状況や口腔衛生状況など、患者様の協力も良好で2年を予定していた治療期間も1年5か月で済みました。

NEXT→CASE43叢生22(インビザラインによる叢生治療例)

その他治療例目次に戻る