電話番号:04-2928-0050

HOME >  医院案内 >  ご質問とお答え >  抜歯症例を非抜歯で治療することがありますか?というご質問

抜歯症例を非抜歯で治療することがありますか?というご質問

患者様からのご質問
初めまして。**と申します。相談がありメールさせていただきました。
現在非抜歯で矯正しています。
歯の状態などは歯が内側に極端に倒れていて、歯列も狭く、噛み合わせも深い。顎の回旋もあり、様々な不定愁訴があるような状態です。
歯も下の前歯が凸凹していて本来なら抜歯が必要なケースだが抜歯をするとさらに歯列が狭くなり不定愁訴なども酷くなると思うから非抜歯で行うとのことです。
今21歳で中学の頃に非抜歯で一度矯正をしましたが戻りました。親知らずが斜めに埋まって生えていたりしました。今回の矯正ではすべて抜きました。
ワイヤーの前に上下プレートで歯列を広げたり骨の量を稼ぐ?ことをしました。
今は倒れている歯を起こすため下だけにワイヤーを巻いてます。上は被せ物がしてあります。
拡大装置を外し半年以上経ちますが上の歯列が狭くなってきてます。特に右側です。もともと上も下も右側の歯列が倒れていたみたいです。
今後すべて拡大して広がってもまた戻るのでは?と思うのですがどうなんでしょうかね…?
また抜歯が必要なケースだがやむを得ず非抜歯行う自分のような場合もあるのでしょうか??
宜しくお願いします。

当院からのお返事

アクイユ矯正歯科クリニックの能村と申します。
後戻りに関しましては過去に後戻りの経験があることからその可能性を否定することはできません。矯正治療後の保定が重要になると思いますので、場合によってはリテーナーを長期間使用する、あるいは歯の裏側をワイヤーで固定するなどの方法が必要になるかもしれません。抜歯をするか否かについては症状の他、**様のように他に考慮すべき要件の有無でも変わってきますから、普通に考えれば抜歯症例の場合でも非抜歯にて矯正治療を行うということはありえます。
矯正治療は「疾患」の治療ではないため、その治療方針にもある程度の幅があるのが普通で、患者様のご希望と、現在の歯科医療で可能な治療とのあいだで治療目標についての摺合せをおこなっているというのが現実です。
簡単ではございますがお返事とさせていただきます。ご不明な点がございましたらなんなりとご質問くださいませ。

*このページは実際に患者様からメールで頂いたご質問に対する当院のお返事を中心に記載しております。そのため、患者様からの質問内容については年齢、性別、文章の特徴等、Q&A形式で考えて問題ない範囲でデフォルメして記載しております。また、内容的にも理解が得られやすいよう私の方で適宜解説を追加して記載しておりますのでご了承ください。

矯正治療後の後戻り(リラプス)について

歯列矯正は唇側矯正舌側矯正インビザラインなど、治療手段に関わらず、実際に歯を動かす「動的治療期間」の後に「保定治療期間」を設けます。保定期間の目安は治療期間と同程度、仮に2年の動的治療期間だとすると2年程度の保定期間になります。 保定の目的は歯を動かし終わった後の歯周組織が新しい歯の位置に適応変化を終えるまで観察するということです。臨床的には仮に後戻りをしたとしても、初期段階であれば比較的簡単に対応できるという利点もあります。 治療開始時の歯並びを1、治療終了時の歯並びを10として、1にまで後戻りすることはないにせよ全く保定期間を設けなければ7程度には戻るというイメージを持っていただいても構わないかと思います。 それを予防するために保定期間があります。たまに矯正装置を撤去した途端に来院されなくなる患者様がいらっしゃいますが、少しの後戻りなら簡単な装置で治せたであろうに再び固定式の矯正装置を装着せざるを得ないこともあります。 固定式の矯正装置が外れることは矯正治療において一つの通過点に過ぎませんから、大変だとは存じておりますが根気よく通院してくださいますようお願いいたします。