電話番号:04-2928-0050
現在 :
ホーム > 歯列矯正治療 > 歯列矯正治療例 > その他治療例目次 > Case35

埋伏歯を伴う下顎前突症の治療例(下顎前突6)

その他治療例目次に戻る

下顎前突治療例6

症状
叢生を伴う下顎前突の症例です。
レントゲンから上顎左側犬歯が埋伏しており、かつ側切歯の歯根を吸収していました。犬歯埋伏の影響で上顎前歯が左偏し、歯列上顎正中が下顎に対し左側に偏位しています。下に示すレントゲン写真から初診時の埋伏犬歯および側切歯の歯根吸収が確認できます。

治療
通常であれば上下顎左右側第一小臼歯を抜歯する症例ですが、上顎左側側切歯の歯根吸収が進行しており長期の保存は不可能な状態でした。このため歯根吸収が進行している上顎左側側切歯、上顎右側第一小臼歯、下顎左右側第一小臼歯を抜歯して唇側矯正装置にて治療を行うことにしました。
マルチブラケット装置を装着するに先立ち埋伏犬歯の開窓および牽引を行いました。

上顎に部分的に唇側矯正装置を装着し、局所麻酔下で上顎左側側切歯を抜歯、同時に上顎左側犬歯の開窓、牽引用ボタンの装着を行い牽引を開始しました。
上に示す口腔内写真は牽引の途中経過です。粘膜上に牽引し、通常のブラケットを装着するまでに6か月間かかりました。
上顎左側犬歯を粘膜上に牽引したのち上顎右側第一小臼歯、下顎左右側第一小臼歯を抜歯、上下顎に唇側矯正装置を装着し叢生と下顎前突の治療を行いました。

治療期間
埋伏犬歯の牽引:6か月
唇側矯正装置:22か月

 

 

 

NEXT→CASE34上顎前突7(カリエールディスタライザーを用いて治療した上顎前突の治療例)

その他治療例目次に戻る

アクイユ矯正歯科へのお問い合わせ

ご質問メール
初診予約メール

アクイユ矯正歯科クリニックからのお願い
当院は所沢市に隣接する狭山市や入間市、東村山市をはじめ、川越市や新座、飯能などの埼玉県南西部、清瀬や東久留米などの東京都多摩地域の皆様が安心して歯列矯正を受けられる歯科医院でありたいと思っています。お気づきの点がございましたらご意見をお聞かせください。