電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  叢生(八重歯、でこぼこ)の治療例5~予防歯科の1分野としての歯列矯正~

叢生(八重歯、でこぼこ)の治療例5~予防歯科の1分野としての歯列矯正~

その他治療例目次に戻る

叢生治療例5(唇側矯正装置、抜歯)


初診時口腔内写真

重度の叢生です。下顎前歯歯頸部に黄色い付着物が認められますが、これはプラーク(歯垢)です。このような歯並びですと歯磨きが相当難しいと思いますし、場合によっては口臭の原因になります。将来的には虫歯、歯周病のリスクが非常に高いです。また、歯科治療も困難を極めることが容易に想像できます。このケースでは幸いに今のところ虫歯も少なく、矯正治療も比較的容易です。
上顎左側側切歯が舌側転位しており、かつ犬歯が頬側から萌出してきたために乳犬歯が側切歯と犬歯の間に残存しています。このような例は稀です。通常は犬歯、ないし側切歯の萌出に伴い脱落することがほとんどです。
これほど重度の叢生ですと仮に非抜歯で治療すると口唇の突出感が顕著に悪化しますので、上下左右の第一小臼歯を抜歯して治療することにしました。使用装置は唇側矯正装置です。


治療途中口腔内写真
(治療開始5ヵ月後)

治療途中の口腔内写真です。凸凹が残っています。矯正治療では多くの場合、まず凸凹を解消することから治療をスタートします。この治療段階のことを歯列の標準化(レべリング)といいます。抜歯症例の場合には抜歯スペースに凸凹を寄せていきますし、非抜歯症例の場合には歯列を拡大することで凸凹を解消するために必要なスペースを獲得します。上の写真では上顎左側側切歯の配列スペースを獲得するために上顎左側中切歯と犬歯の間にオープンコイル(矯正用のバネです。縮めて使用することで隣在歯が開くように動きますあ)を使用しています。


治療終了時口腔内写真
(治療開始19ヵ月後)

治療終了時です。治療期間は19ヵ月間でした。まだ十分とは言えませんが治療前に比べて歯肉の腫脹も軽減されています。歯周病に罹患するリスクも減少しました。このように矯正治療には予防歯科としての側面もあります。

NEXT→CASE14開咬2(唇側矯正装置、抜歯)

その他治療例目次に戻る