電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  上顎前突の治療例9

上顎前突の治療例9

その他治療例目次に戻る

上顎前突治療例9(上顎左右側第一大臼歯抜歯、唇側矯正装置)

症状・治療方針・治療
初診時年齢:16歳
性別:女性
症状・治療方針
上顎左側中切歯の唇側傾斜を認める。下顎のスピー湾曲が強く、過蓋咬合(咬み合せが深いこと)を呈している。また、大臼歯関係はAngleⅡ級(下顎第一大臼歯が上顎第一大臼歯に対して半咬頭以上遠心位にある)である。
治療方針:上顎左右側第一小臼歯を抜歯し、その抜歯スペースを利用して上顎前歯部叢生の改善と上顎前歯の後方移動を行うことにした。
治療器具:唇側矯正装置(メタルブラケット)
治療経過
1・抜歯後、上下顎に唇側矯正装置を装着しニッケルチタンワイヤーにて歯列の標準化を開始
2・2か月後、ステンレススチールワイヤー(ラウンド)を使用し犬歯の後方誘導を開始
3・9か月後、ステンレススチールワイヤー(スクエア)を使用し前歯の後方誘導を開始。同時に上顎犬歯~下顎第一大臼歯間に顎間ゴム(Ⅱ級ゴム)を併用
4・17か月後、ステンレススチールワイヤー(スクエア)を使用し最終の微調整を3か月間行った
5・20か月後、唇側矯正装置を撤去し保定装置を装着
治療期間:1年8か月

コメント
このケースは患者様の顎間ゴムの使用状況がとても良好でした。顎間ゴムは食事の毎に取り外したりと案外面倒なものですが矯正治療においてはとても大切な補助装置ですので頑張って使いましょう(使用しないこともあります)。
また、治療中の写真ではピンクのカラーゴムを使用しています。赤、青、黄、など20種類くらいのカラーゴムがあります。ピンクと水色を交互にするのが一番人気があるかな?

 

NEXT→CASE41叢生21(上顎中切歯の翼状捻転を呈する叢生症例)
その他治療例目次に戻る