電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  上顎前突(出っ歯)の治療例2~クリアアライナーによる上顎前突+叢生治療例~

上顎前突(出っ歯)の治療例2~クリアアライナーによる上顎前突+叢生治療例~

その他治療例目次に戻る

成人の上顎前突2(クリアアライナー、非抜歯)

矯正歯科|清瀬市
初診時正面

歯列矯正|清瀬市
初診時上顎

クリアアライナー治療例
初診時下顎

成人女性の患者様。上顎右側中切歯の前突を気にされての来院でした。軽度の叢生に加えて上顎中切歯間に空隙も認められ、下顎前歯にも叢生が認められます。
矯正装置の候補としては唇側矯正装置舌側矯正装置インビザラインクリアアライナーが挙げられましたが患者様が見えない矯正装置を希望されたことと、治療費が抑えられることからクリアアライナー(現在は商品名がアソアライナーに変更されています)を選択し治療を開始しました。
同様のマウスピースタイプの矯正装置としてインビザラインというものもあります。その使い分けは軽度な症状がクリアアライナー、中程度以上の難易度の症状がインビザラインということになるでしょう。

矯正歯科|清瀬市
治療開始3ヵ月正面

歯列矯正|清瀬市
治療開始3ヵ月上顎

クリアアライナー治療例
治療開始3ヵ月下顎

治療開始3ヶ月目の口腔内写真。前歯もかなり揃ってきました。また、中切歯間の隙間もほぼ閉鎖されています。クリアアライナーは1日18時間以上の装着をお願いしておりますが、患者様の装置使用時間に全く問題はありませんでした。

矯正歯科|清瀬市
終了時正面

歯列矯正|清瀬市
終了時上顎

クリアアライナー治療例
終了時下顎

治療期間は8ヵ月でした。
クリアアライナーはこの症例のように比較的短期間に治療が終了すると予測されるケースに適しているのですが、インビザラインと治療可能な症状が重複することもあり最近ではもっぱら上下顎いずれかの部分的な矯正を行う場合に選択しています。
上下顎を同時に治療するケースでは治療費もインビザラインとほぼ同様になってしまうためクリアアライナーのメリットがあまりなくなってしまうからです。

NEXT→CASE5叢生2(唇側矯正装置、非抜歯)

その他治療例目次に戻る